ジオ・パークの島で

 2018-04-23
東京都神津島村の名組海岸から、海越しの天上山を眺めることができました。崩壊した斜面は・・・

神津島 名組から天上山
まるで鳥が羽を広げたかのようです。前景の岩も、皺の模様が複雑で、しかも上部がうっすら白みを帯びています。まさに、神津島はジオパークの名に恥じぬ豪壮な景観です。(2018年4月4日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

天然プール

 2018-04-19
神津島は、伊豆諸島では小さい方ですが、その割には自然が色濃く、訪ねる者を飽きさせません。

神津島 千両池
この千両池も、その一つ。四周を岩稜で囲まれ、まるで池のようですが、奥で海とつながっており、潮だまりという形態です。沖の青い海とは違い、ここだけはエメラルド色です。(2018年4月4日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

早暁の神津島

 2018-04-15
海辺の集落から、島にそびえる山を目指します。朝早く暗い道を中腹まで来ると、夜が明けました。

神津島の早暁
伊豆諸島の神津島です。テレビは静岡の電波も入るのですが、行政上は東京都神津島村。漁師町にともる家々の灯は早く、黒い森、青い海とコントラストを見せてくれます。(2018年4月4日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

翡翠いろの川

 2018-04-11
冬と春のはざまは、色の乏しい季節です。冬の純白は消え、春の花が咲くにはまだまだなのです。

陸前高田市横田町の気仙川
そんなとき、美しい色に出会うとハッとします。岩手県の陸前高田市を走っていると、気仙川の水色がいつにもまして美しく、まるで翡翠かと思いました。枯れ原と好対照です。(2018年3月20日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春浅き岩手山

 2018-04-07
さすがの冬将軍も、今ははやすっかり退去なされた後、岩手はポカポカ陽気に包まれています。

春子谷地から岩手山
とはいえ、夕刻が近づき、日が傾くとひんやりしてきます。斜光線を受けて、岩手山に刻まれた深い沢が光陰の妙を演出してくれました。滝沢市春子谷地からの風景です。(2018年3月19日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫