FC2ブログ

きらめく相模湾

 2018-12-22
東京の郊外に、世界一登山者の多い山があります。その山頂から、冬の相模湾がきらめきます。

高尾山山頂から相模湾
高尾山です。新宿からでも、京王線の直通で1時間あまり。登山入門の第一歩に、この山を選ぶ人も多いようです。山頂には多くの茶店があって、ごったがえしていました。(2018年12月8日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霧に光さす森

 2018-10-13
午後から天候が回復するというので、わざと時間をずらして登り始めます。安曇野市の有明山です。

有明山中腹の霧
安曇野から目立つ富士山のような形の山で、信濃富士の異名がありますが、今日はいちめんに霧が漂い、視界が遮られています。それでも、趣のあるしっとりした風景です。(2018年9月22日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雲上の鬼ケ城

 2018-09-29
息をのむ絶景というものは、一点曇りなき快晴よりも、あんがい、雲わく悪天候時にフッと現れます。

御神坂コース上部から鬼ケ城
今回、まったく期待していませんでした。むしろ、快晴の予報で出かけた岩手山で霧に包まれ、落胆しました。ところが、山頂付近で雲が抜け、幻想的風景が現れたのです。(2018年9月11日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

せっせと餌を

 2018-09-01
夏の終わりごろになると、高山でホシガラスが忙しく飛び回ります。案外近くまで寄って来るのです。

早池峰のホシガラス
低山のカラスは、カーと鳴きますが、高山のこのカラスはガーと鳴きます。餌となるハイマツの球果をくわえて俊敏に飛び回る姿を、高速のシャッターでなんとかとらえました。(2018年8月23日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高嶺の花道

 2018-07-14
舞台ステージで俗に使う、「花道」ということば。その本当の意味、華麗さが身にしみる光景です。

秋田駒ケ岳のチングルマ
秋田県と岩手県にまたがる秋田駒ヶ岳。県境稜線を持ちながら、岩手の名が冠されないのが残念ですが、それはともかく、花の名山の名に恥じぬ、みごとなお花畑です。(2018年6月24日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫