雲海の鳳凰三山

 2017-10-13
登山には、雲一つないピーカンがうってつけ。たしかに、遠くの山を望むにはそれがいいでしょう。

鳳凰三山縦走
でも、ドラマチックな瞬間というのは、天候が崩れ始める時や、逆に回復してゆく時に現れます。南アルプスの鳳凰三山の稜線に押し寄せる雲海。遠くに甲斐駒が見えます。(2017年10月1日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

紅葉の御嶽

 2017-10-09
御嶽の噴火から3年が経ちました。今年から規制が緩和され、一部の登山道が解放されました。

御嶽 三の池と草紅葉
痛ましい被害を出した噴火のあと、今も登山道や山麓展望台の各所に献花台があります。一方、御嶽の荒ぶる自然の対極に、美しい自然があります。紅葉の三の池です。(2017年9月30日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

錦おりなす

 2017-10-05
年々、人気が高まっています。この日も、ひと足早い錦繍をもとめて、大勢の登山者が訪れました。

三ツ石山の紅葉
岩手県は裏岩手連峰の三ツ石山の紅葉です。岩手県は、南部の須川岳を除いて、黄色は多くても、なかなか紅い色の勝った紅葉が少ないので、この山のこの色は貴重です。(2017年9月24日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

南会津の名峰

 2017-10-01
福島県の南会津地方は、平家の落人伝説があるくらい、車でのアプローチが難しい秘境です。

会津駒ヶ岳
燧ケ岳、平ケ岳とともに、会津駒ケ岳は日本百名山のひとつ。その駒ケ岳は、高層湿原となだらかな稜線の美しい山。深田久弥が「もっとも素晴らしい」と形容した山頂です。(2017年9月22日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

水のゆらぎ

 2017-09-27
初秋の尾瀬は、まだまだモノトーンの世界。しかも、曇り空とあっては、被写体に事欠くのです。

尾瀬沼畔の水草
でも、一見、何気ない尾瀬沼の水面を見つめていると、水草のまわりにさざ波がゆらめいています。太陽の光がつくるのが光景ならば、風のつくりだすのが風景なのです。(2017年9月16日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫