FC2ブログ

色をもとめて

 2019-01-12
雪の多い北国では、1年の半分近くの間、白いモノトーンの世界に覆われます。そこでどうしても・・・

稲含山のナラの枯葉
白ならざる色の世界を、時に求めたくなるのでしょう。たとえ、冬枯れのわびしい世界でも、こんな茶色を見つけると嬉しいもの。群馬県は下仁田町、稲含山のナラです。(2018年12月23日撮影)
スポンサーサイト



カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

稔りの秋

 2018-11-24
上州は峨々たる妙義山の連嶺をバックに、秋の田の刈穂の藁が朝の斜光を浴びて輝いています。

富岡市妙義町から妙義山
群馬県富岡市は製紙場で有名ですが、郊外に足をのばせば、のどかな田園が広がります。それにしても、日本の風景の中で、いかに高圧電線が邪魔をしていることでしょう。(2018年11月2日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

浅間の山に雲かかる

 2018-11-17
肝を冷やす妙義山に登れば、絶景が待っていました。この角度から見る浅間山は、実に美しい!

妙義山から浅間山
表妙義に登って、ビビり岩のねじれ斜面で左手で鎖をホールドし、右の片手でカメラを持って撮影します。もっとも美しいものは、もっとも危険な場所に潜むという皮肉なのです。(2018年11月2日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

紅にそまる

 2018-10-20
久しぶりの晴天を得て、北八ケ岳を歩きました。麦草峠から近い白駒の池が紅く染まっています。

白駒の池の紅葉
弱い冬型の気圧配置で、湖面にさざなみが立つのですが、風の息が途切れた瞬間、湖岸の紅葉が映りこむのです。ダブル紅葉とでもいいましょうか、得をした気分です。(2018年9月16日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

増水の渓谷

 2018-10-06
台風、秋雨前線が活発で、雨つづきの9月でした。長野県安曇野市の中房渓谷が増水しています。

中房渓谷の増水
燕岳(つばくろだけ)の登山口である中房温泉に向かう途中です。明日からの登山が心配になりますが、雨は止んで日が射し始めたので、あきらめることなく期待しましょう。(2018年9月22日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫