窓を開ければ・・・

 2017-02-08
仕事場の関西の大学。学生が帰ったあと、教室の窓から美しい大阪の夕景が広がったのでした。

近畿大学国際学部5階からの夕景
ビルの合間の暗闇を、学生たちは歩いて帰ってゆくのでしょう。もう少し、とどまっていてくれれば、この風景を教えてあげられたのですが・・・。まあ、ひとりじめ致しましょう。(2017年1月26日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

彦根城の紅葉

 2016-12-16
お城は、桜の名所であることは多いのですが、意外にも、秋には紅葉の穴場であったりもします。

玄宮園からの彦根城
滋賀県の彦根城です。小ぶりですが、現存当時そのままという理由で、数少ない国宝です。そのとなりの庭園が玄宮(げんきゅう)園で、池の周囲の紅葉と城がマッチします。(2016年11月26日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

風雲 竹田城

 2016-12-12
あの空前のブームから何年か経ちましたが、いまだに天上の城跡の雲海人気は衰えません。

雲海の竹田城跡
兵庫県朝来市の竹田城跡です。対面の立雲峡から望遠で切り取るパターンも多いですが、さる筋から別の展望地を教えられ、小規模ながら、雲海に浮かぶ姿をとらえました。(2016年12月3日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

なにわの冬の風物詩

 2016-12-08
12月に入ると、大阪市内の御堂筋(みどうすじ)で、銀杏並木のライトアップが見ごろを迎えます。

御堂筋のライトアップ
仕事帰りで三脚がないので、道路沿いのポールにカメラを押しつけての長時間露光です。過ぎゆく車のライトに赤色が皆無なのは、この通りが南向き一方通行だからです。(2016年12月1日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

奇岩と新緑

 2016-04-18
兵庫県は六甲山系の西に、奇岩のつらなる領域があります。西宮市北部の秘境、蓬莱峡です。

蓬莱峡の新緑
花崗岩の風化した山肌に夕日があたり、前景の新緑もみずみずしく輝いていました。山桜が咲いていれば完璧ですが、小さなピンクのつつじがアクセントになってくれました。(2016年4月12日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫