春先の大増水

 2018-03-26
岐阜県高山市を流れる宮川は、観光朝市で有名な川ですが、春先の大雨でまるで梅雨時のよう。

高山市 宮川の雨後の増水
3月は、ただでさえ雪解けの水で川は増水します。いわゆる、雪しろです。ここに大雨が加わると、まるでコーヒー牛乳のような色になってしまいます。厳冬も終わりましたね。(2018年3月5日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

富士、はるかに

 2018-01-29
西伊豆は海越しに富士山が見える絶景の海岸線です。ただし、遠いので富士は小さくなります。

伊豆西浦の漁船と富士
長玉のレンズで撮ることもできますが、それでは平凡な富士山だけの写真になってしまい、わざわざ海まで来た意味がありません。そこで、富士には脇役になってもらいます。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

千本松原

 2018-01-25
沼津市の香貫山は四方に視界が開けています。富士はもちろん、駿河湾の海岸線もご覧のとおり。

香貫山展望台から沼津市街と千本松原
弓なりに美しい海岸を彩るのが、千本松原です。若山牧水が必死に保全を訴え、今こうして残されています。でも、近い将来に懸念されているのが東南海地震の津波です。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冬晴れの富士

 2018-01-21
数年に一度の大寒波が何度も日本列島を襲いますが、そんな時、太平洋側は最高の天気です。

香貫山展望台から富士山
静岡県沼津市の香貫(かぬき)山。山頂近くまで車で上がれ、少しだけ歩くと、高台からあっぱれな富士が。前山の愛鷹(あしたか)山が裾野を隠すのが、心憎い演出です。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

仰げば遠し

 2015-02-27
はるかに高いところを車が走っていました。18ミリの広角レンズでも、うまく収まりきらない仰角です。

日本一の橋脚高
日本一の橋脚高をほこる東海北陸自動車道の鷲見橋です。地面から路面まで118メートルもあり、30階建てのビル以上の高さに相当します。ものすごい建築技術です。(2015年2月12日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫