FC2ブログ

凛とした朝に

 2019-02-23
研ぎ澄まされた空気の朝は、厳しくもすがすがしいもの。農場を仕切る防風林から、ほら岩手山が。

岩大農場からの岩手山
青い樹影が白い雪のキャンバスに浮き彫りとなっています。暖冬とはいえ、1年でもっとも厳しい寒さのこの時期は、それなりに寒いもの。放射冷却の朝は晴天となります。(2019年1月13日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

奇跡の霊山

 2019-02-09
厳冬期にこんなにはっきりと姿を現すことはあまりありません。岩手県は北上高地の早池峰です。

石鳥谷町からの早池峰
寒気のもたらした雪をタップリと受けて、午後の光を受けて輝いています。前景の集落の陰影とコントラストをなし、これぐらいの暗さだと、電柱もあまり目障りではありません。(2019年1月12日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

粉砂糖をまぶして

 2019-01-05
北海道や岩手など、北国寒冷地の夏の風物詩といえば、牧場に積まれた干草ロールですが・・・。

上坊牧野の干草ロール
最近はビニールにくるまれて、被写体としての魅力が落ちています。でも、こんなふうに人工的に積まれ、そこに雪が降り積もると話は別。岩手県八幡平市上坊の風景です。(2018年12月16日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

からまつは寂しかりけり

 2018-12-15
岩手県は姫神山麓で、美しい晩秋の輝きを見ました。北原白秋の詩でも知られるカラマツです。

姫神山のカラマツの黄葉
周囲の黄葉、紅葉が終わる頃、ひとり主役の座を演じるのです。もちろん、カラマツも鮮やかですが、順光から逆光へと変わる空が美しいグラデーションを奏でてくれました。(2018年11月4日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冠雪の岩手山

 2018-12-08
暖冬予想の岩手に、やっと雪の季節がやってきました。晩秋の青空に岩手山が白く輝いています。

玉山区芋田付近から岩手山
啄木のふるさと、盛岡市玉山区の芋田地区。姫神山麓を流れる北上川も、凛とした空気を映して青光りしています。「柳あをめる」春が、早くも待ち遠しい冬の到来です。(2018年11月4日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫