春の妖精

 2017-05-21
春まだ浅きころ、岩手県花巻市の里山を訪ねました。歩いて心地よい、よくできた自然歩道です。

八方山のイワウチワ
林道から尾根へと見事な誘導で傾斜をかせぐ道は、飽きない絶妙なトレイル。春は林床の花々が足をとめ、一歩も前に進みません。これは葉がウチワに似たイワウチワの花。(2017年5月2日撮影)

八方山のカタクリ
もちろん、スプリング・エフェメラルの王者はカタクリ。画面の中に密集しておさまってくれるくらいの濃厚な群落はなかなかありませんが、意外にもここ八方山で出会えました。(2017年5月2日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春と冬の同居

 2017-05-19
よほど空気が澄んでいなければ、こうはっきりは見えません。ここ花巻市から岩手山までは・・・

花巻市高木の猿ケ石川と岩手山
直線距離で50キロほどあります。この日は、春の張りつめた空気のなか、残雪のほどよい南部片富士が、芽吹き始めた猿ケ石川の新緑の奥に、くっきりとその姿を現しました。(2017年5月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

つくしづくし

 2017-05-17
春の里辺の風景は、しだいに標高を上げて、山麓、そして山頂へと駆け上がってゆくのです。

権現堂山山麓のツクシ
岩手県花巻市の権現堂山。宮沢賢治が、経埋ムべき山のひとつに選び、その頂上から早池峰を拝んだことで有名です。その山麓に、いちめん、つくしが出ておりました。(2017年5月1日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

竹に櫻

 2017-05-09
岩手にしては、珍しい画材の取り合わせです。そもそも、西南日本の人たちがいうタケノコとは・・・

紫波町 城山公園の桜と竹
孟宗竹で、暖地性のもの。岩手県でタケノコといえばブッシュに生えるネマガリダケのこと。でも、少しだけ節の太いふつうの竹も時折みかけます。紫波町の城山公園でした。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

花は盛りに・・・

 2017-05-07
ちょっと満開には早いのです。岩手県紫波町の城山は、周囲の平野よりわずかに標高が高く・・・

紫波町 城山公園の桜と岩手山
満開を予想して来たのですが、7分咲き。兼好法師の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」という名言に力を得ます。桜の窓から、岩手山が顔をのぞかせます。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫