ワタスゲの咲く木道

 2017-08-04
引きつづき、八幡平の登山、いや漫遊です。空が曇ってくると、今度は足元にレンズが向かいます。

八幡沼の木道とワタスゲ
今年は、東北地方ではワタスゲが当たり年のようです。正確には、綿のような「花」は実なので、ワタスゲの実る頃、という方が正しいのです。一方、花は黒くて目立ちません。(2017年7月15日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夏がくれば思い出す

 2017-07-31
今年は、早い時期から炎暑が激しいので、涼を求めて、ついつい高原に足が向いてしまいます。

八幡沼の木道と入道雲
岩手県は八幡平の木道を歩けば、雲の去来に合わせて光陰がうつろいます。遠くに積乱雲がモクモクと沸き立つ昼ごろには、少し雨の心配をしながら、歩いてゆくのです。(2017年7月15日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

どこまでも緑の森

 2017-07-04
どこまでも、どこまでも緑色。しかも、濃淡おりまぜてのグラデーションは、初夏の岩手ならでは。

源太岩から畚岳
八幡平の森。そこは、この広大な森で暮らすモリアオガエルの生息地。アスピーテ・ラインと樹海ラインという2つの山岳道路に囲まれた広大な森は、わが故郷の森なのです。(2017年6月18日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

野なかのバラ

 2017-06-27
初夏6月。梅雨入り前の岩手県では、バラが美しく咲く季節です。内陸のみならず、沿岸でも・・・

山田町大沢の野ばら
野ばらが咲きました。山田町大沢の海岸です。園芸種のバラもいいですが、小さい花も、緑の葉と溶け合ってバランスが良いものです。まさに、「飽かず眺む」の境地でした。(2017年6月11日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新緑の岩手山

 2017-06-07
岩手県盛岡市から北西方向へ、滝沢市の峠道を車で上り詰めると、高原台地の畑に出ます。

新鬼越池から岩手山
新鬼越池は、湖と岩手山をセットで撮影できる貴重な場所。湖山一景。「妙高なくして、野尻湖何ものぞ」という深田久弥の言葉は、ここ岩手山でも、そのままあてはまります。(2017年5月29日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫