翡翠いろの川

 2018-04-11
冬と春のはざまは、色の乏しい季節です。冬の純白は消え、春の花が咲くにはまだまだなのです。

陸前高田市横田町の気仙川
そんなとき、美しい色に出会うとハッとします。岩手県の陸前高田市を走っていると、気仙川の水色がいつにもまして美しく、まるで翡翠かと思いました。枯れ原と好対照です。(2018年3月20日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春浅き岩手山

 2018-04-07
さすがの冬将軍も、今ははやすっかり退去なされた後、岩手はポカポカ陽気に包まれています。

春子谷地から岩手山
とはいえ、夕刻が近づき、日が傾くとひんやりしてきます。斜光線を受けて、岩手山に刻まれた深い沢が光陰の妙を演出してくれました。滝沢市春子谷地からの風景です。(2018年3月19日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

縞模様の朝

 2018-04-03
道路の行く手に、縞模様が近づいてきます。車を走らせてゆけば、東北新幹線の高架の影でした。

石鳥谷町猪熊の新幹線高架橋の影
人工物は絵になりづらいことが多いですが、パターン化されると話は違います。朝の低い位置からの光線が、単調に続く高架群を引き立てます。岩手県花巻市石鳥谷町です。(2018年3月19日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

薄暮の刻(とき)

 2018-03-22
とっぷりと日が暮れました。でも、雪の積もった田んぼは光を反射するので、意外に明るいものです。

花巻市東和町の雪と街灯
その雪が、夕刻ゆえ青みを帯びています。街灯がポツンとひとつ。都会と違って、たったひとつの街灯、というのが寂しくもあり、また暖かくもある。岩手県花巻市の光景です。(2018年3月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

青い空、白い雪

 2018-03-18
湿った雪が降りました。岩手県北は本州でも厳寒の地。雪だるまが作れないサラサラ雪ですが・・・。

安代 不動の滝遊歩道の樹木
時に湿った雪が降ると、こうして樹木の枝に着雪します。それが青空とコントラストを見せて、美しい風景を味わわせてくれます。寒い土地にしては案外珍しい風景なのです。(2018年2月20日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫