ポートとエアポート

 2018-02-10
航空の世界は、技術や呼称など、船舶の世界が師匠です。機体をシップと呼ぶのもそのためです。

和田岬と神戸の夜景
神戸空港への着陸アプローチの際、港と夜景を見ながら高度を下げてゆきます。兵庫県の和田岬付近でピカっと光る灯台。そのタイミングを見ながらシャッターを切るのです。(2018年1月15日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

たおやかな白い峰

 2018-02-06
まるで大きな釜のような火山の噴火口です。それが目印となって、どこを飛んでいるかわかります。

吾妻連峰空撮
福島県の吾妻連峰。釜のような吾妻小富士と、その麓の浄土平です。たおやかな山々は、慶応大学の山岳部がこよなく愛した地域。特にも、槇有恒が心底ほれこみました。(2018年1月20日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北アにみまごう

 2018-02-02
神戸発仙台ゆきの飛行機が長野県上空を通過します。雪が多いので北アルプスかと思いきや・・・

中央アルプス空撮
なんと中央アルプスでした。今年の寒波は強烈で、ふだんは3つのアルプスでもっとも雪の少ないはずの中央アルプスが、かなりの積雪量です。めったにない風景なのです。(2018年1月20日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

地図どおりの地形

 2018-01-13
仙台発神戸行きの飛行機は、関東地方の地形をつぶさに見せてくれます。特に冬晴れの日には。

栃木県上空から犬吠埼
栃木県上空からは、房総半島犬吠埼の尖った地形が美しい弧を描いています。半逆光のおかげで、利根川と霞ヶ浦、そして手前に涸沼と那珂川のシルエットが目立ちます。(2017年12月12日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夜景とアーチ

 2017-07-28
仙台ー神戸間の航路は、これまでは見ることのできなかった地域の夜景を楽しませてくれます。

明石上空から明石海峡大橋
神戸西郊まで来て、瀬戸内海に向けて旋回する際、明石市の夜景と漆黒の海にかかる明石海峡大橋が、1枚の絵に収まるのです。橋の円弧が美しい色で浮き上がりました。(2017年7月10日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫