FC2ブログ

錦秋の須川岳

 2012-10-31
岩手県南部、一関市から西へ奥まったところに須川岳(栗駒山)があり、紅葉の名所です。

名残ケ原の紅葉
その登山道を歩いていると、三つの色が際立つ紅葉風景に出くわしました。まさにトリコロールです。このような絶景を見逃すまいと、大勢の登山者が訪れます。(2012年10月14日撮影)

名残ケ原を歩く登山者
錦秋の道をゆく登山者の列、列、列・・・。東北の大都市である仙台から比較的近く、登山道も歩きやすいため、ツアーが盛んです。すれ違うのも大変な人の多さです。(2012年10月14日撮影)

須川岳中腹の紅葉
須川岳は火山であるため、そのガスで枯れた木なども混じり、一種独特の風景です。曇ってきたので、しっとりとした絵画風のイメージで作品に仕立ててみました。(2012年10月14日撮影)

須川岳の紅葉
そこに、一瞬の光が天界から舞い降りました。まるで、スポットライトのように山腹の一部をさし染めた光の舞台は、あえなく、はかなく、消えてしまいました。(2012年10月14日撮影)

秣岳の草原
混雑を避けたいと、秣岳(まぐさだけ)への縦走路に入ります。すると、虎毛色のじゅうたんが広がっていました。目くるめく華麗な色もいいですが、これも秋の一景ですね。(2012年10月14日撮影)
スポンサーサイト



カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫