FC2ブログ

花と緑の九州探訪

 2013-04-29
花と緑をもとめて、九州ぶらり旅です。まずは、大分県の湯布院近郊で見ごろの山桜に会いました。

猪ノ瀬戸の山桜
都会でひしめくように競い咲くソメイヨシノもいいですが、冬枯れのままの雑木の中で、薄紅色に浮かびあがる山桜こそ、風流の極み。そこへ、新緑が「友情出演」です。(2013年4月13日撮影)

日向岳と桜
さらに進むと、由布岳の前山にあたる日向岳(1085m)に、山桜がたくさん咲いていました。この日はポカポカ陽気で、抜けるような青空を背に気持ちよい絵となりました。(2013年4月13日撮影)

筑紫平野の麦畠
翌日は、福岡県の筑紫平野へ移動。どこまでも平野が広がる中、麦畠の緑が鮮やかでした。かなたに脊振(せふり)山地のシルエットがなんとか見えるくらいの広さです。(2013年4月14日撮影)

海の中道海浜公園の花畑
最終日は博多から志賀島(しかのしま)へ。「漢委奴国王」の金印が出土したことで有名な場所です。その途中、海の中道海浜公園でチューリップのお花畑に出会いました。(2013年4月15日撮影)

海の中道海浜公園のネモフィラ
海の中道は博多湾から玄界灘に突き出した細長い半島です。海浜公園の名物は、小さく青い花を咲かせるネモフィラ。その色と空の青さが、地平線で溶けあっています。(2013年4月15日撮影)
スポンサーサイト



カテゴリ :九州・沖縄の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫