新緑の早池峰

 2013-05-30
雪が多かった岩手県の早池峰にも、ようやく春が来ました。旧川井村のタイマグラからの撮影です。

タイマグラからの早池峰
花巻市大迫町と旧川井村(現、宮古市)の江繋(えつなぎ)を結ぶ県道も開通しました。その途中のタイマグラから横沢冷泉に向ける林道は、早池峰のビューポイントです。(2013年5月18日撮影)

悠久のみちトンネルから早池峰剣が峰
林道の最高地点、悠久の道トンネル付近から早池峰の東尾根が見渡せます。岩手に珍しいこの尖峰は、早池峰の剣が峰で、ここから見ると、槍ケ岳にも劣らぬ神々しさです。(2013年5月18日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

山桜花

 2013-05-28
北海道でも、すでに桜前線が到達しましたが、それよりも遅咲きの桜が岩手にはいくらでもあります。

仙人峠の山桜
岩手県の遠野市と釜石市を結ぶ旧国道は、峻嶮な仙人峠を越えますが、そこは山桜の名所です。温かい尾根に沿って広葉樹の新緑が帯状に広がる「峰走り」が見事です。(2013年5月17日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

肥後四景

 2013-05-26
ゆるキャラ「くまもん」で有名になった肥後の国、熊本県。その魅力ある自然風景をご紹介します。

菊池渓谷の新緑
新緑の菊池渓谷です。東の奥入瀬、西の菊池といわれるように、日本を代表する渓流です。歩道が整備され、観光客に加えて、三脚持参の写真家が多い場所です。(2013年5月11日撮影)

仙酔峡のミヤマキリシマ
日が長いので、渓谷撮影のあと、阿蘇の仙酔峡へ車を走らせました。ミヤマキリシマの花は満開ではなかったのですが、歩き回って、咲いている株をなんとか見つけました。(2013年5月11日撮影)

大観峰から俯瞰する水田
世界でも例をみないほど大規模な阿蘇の外輪山。その展望台である大観峰から下界を見下ろすと、水の引かれた水田と、畑の土とが見事なパッチワークを見せてくれました。(2013年5月11日撮影)

大津町の夕景
阿蘇での撮影を終え、カルデラ高原から熊本市内へ続く国道を下ってゆきます。その途中の大津(おおづ)町で夕暮れを迎えました。このあと、赤ちょうちんを目指します。(2013年5月11日撮影)

カテゴリ :九州・沖縄の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

牧場の春

 2013-05-24
下界では汗ばむ陽気ですが、標高の高い岩手の牧場では、やっと季節が動き出しました。

浅春の亀が森
宮古市郊外にある亀ケ森牧場です。春紅葉とはよく言ったもの。さまざまな樹種が芽吹き始め、森が目覚めましたが、白い樹肌のダケカンバだけは、まだおねむのようです。(2013年5月18日撮影)

亀が森の一本桜
この時期だけ、牧場には多くの人が訪れます。お目当てはこの一本桜。有名になりすぎたため、立ち入り制限のロープが張られ、だんだん撮影しにくい環境になってきました。(2013年5月18日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

西から昇る太陽

 2013-05-22
アニメの主題歌で「西から昇ったお日様が、東に沈む」とありましたが、そういうこともあるのです。

山形上空の夕景
山形上空です。岩手の地上でいったん沈んだ太陽が、飛行機の上昇とともに、再び顔を出しました。飛行機は、水平、垂直両次元の時間、空間を錯覚させる魔術師です。(2013年5月20日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雲上夕景

 2013-05-21
夕暮れ時は、何気ない被写体をドラマチックに演出してくれます。四国上空からの雲海の夕景です。

四国上空からの夕景
一定の高さでそろう雲海ですが、雲それぞれの輪郭が、逆光によって微妙な陰影を見せてくれます。飛行機が低すぎても高すぎてもダメで、離陸上昇中の一刻をとらえます。(2013年5月10日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大地と空と宇宙と

 2013-05-20
日が長くなってきました。夜の飛行機でも、上空からだと、夕焼けのスカイラインが楽しめます。

宇宙の色
この時期、花巻から伊丹へ向かう便では、西の空が望める右側座席を取ります。オレンジ色の地平線下は闇の町。空のグラデーションは、暗黒の宇宙空間へと続いています。(2013年5月6日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カモシカの墓参り

 2013-05-19
田舎道を車で走っていたら、カーブを曲がった先で、突然何かが飛び出してきて、肝を冷やしました。

カモシカの墓参り
カモシカです。天然記念物に指定されていますので、珍しい動物と思っている方も多いでしょうが、岩手ではどこにでも出てきます。このあと逃げて墓地へ入っていきました。(2013年5月6日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夕空を映して

 2013-05-18
一日の撮影を終え、カメラをしまって帰途につくと、たそがれ時の谷間に、光る筋を見つけました。

猿ケ石川の夕景
花巻市東和町を流れる猿ケ石川。何気ない川が、この日一瞬、不思議な色に。あわててカメラを取り出し、車を道端に寄せて数カット撮影したところで、色は消えてしまいました。(2013年5月5日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

牧歌的風景

 2013-05-17
思い立って、イギリスに行ってきました。羊が草を食んでおりました。たいへんのどかな風景です。

館ケ森牧場の羊たち
というのは冗談で、これは岩手県藤沢町の館ケ森牧場の風景です。観光牧場なので、ゴールデン・ウィーク中は大混雑。でも、そんな騒ぎはどこ吹く風?といった羊さんです。(2013年5月4日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

棚田の春

 2013-05-16
岩手県の藤沢町は一関市と合併しましたが、むしろ宮城県に近い岩手の最南部にあたります。

藤沢町十文字の棚田
春先、寒かった岩手ですが、県南部から田植えの準備が始まりました。冬枯れの土手の草が緑色にかわるころ、乾ききった田んぼに水が張られます。大地再生の瞬間です。(2013年5月4日撮影)

カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

港の朝

 2013-05-14
静岡県の熱海を早朝に散策しました。相模湾から日が昇り、一隻の漁船が港を出ていきます。

熱海漁港の朝
海も空もオレンジ色に染まります。漁港には、漁船のほか、ヨットがたくさん係留されていました。そのマストやロープのシルエットも、逆光の中で味わいを醸し出しています。(2013年4月27日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桜咲く道

 2013-05-12
岩手県の遠野市、花巻市を貫流する猿ケ石川。その桜並木は、中流から下流にかけて断続します。

猿ケ石川の桜並木
こちらは、北上川に合流する手前、花巻市東和町の成島付近の風景です。曇り空続きで、なかなか一斉に満開となりません。それでも、遊歩道沿いの新緑と桜が調和しました。(2013年5月3日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨あがりの秋田にて

 2013-05-10
ゴールデン・ウィークに、秋田市の千秋(せんしゅう)公園を訪れました。城跡で出会った桜です。

千秋公園の桜
今年の特徴は、3月の高温続きの帳尻を合わせるように、4月から5月にかけて、異常低温と雨(または雪)にたたられ、十分に開花できぬままシーズンを終えた桜がありました。(2013年5月3日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北国の春

 2013-05-08
千昌夫の「北国の春」は岩手の風景を想わせます。その歌詞に登場するコブシが咲きました。

大迫町内川目のコブシ
花巻市大迫(おおはさま)町の内川目地区。ふだんは人知れずひっそりとたたずみ、春先には堂々と花を咲かせ、その存在を目立たせますが、なぜか訪れる人はまれです。(2013年5月6日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

残雪の早池峰

 2013-05-06
ゴールデン・ウィークの岩手では、前半も後半も連日のように寒く、ストーブが手放せませんでした。

古田峠から早池峰
花巻市東和町の古田峠からの早池峰です。南面の雪は4月中に消えるのが常ですが、このように真冬に近い残雪です。裏側の北面の残雪量は、推して知るべしです。(2013年5月6日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

岩手内陸の桜

 2013-05-05
沿岸部で咲き始めた桜は、やがて寒冷な内陸部にやってきます。岩手内陸南部の桜レポートです。

住田町の桜
住田町(すみたちょう)の山桜は濃いピンクで、遠くから目立っていましたから、車を停めて撮影しました。まわりの雑木はまだ冬の様相ですが、新緑が少しだけ加わりました。(2013年4月28日撮影)

西行桜の森公園の桜
県南部は桜満開です。中尊寺で有名な平泉町の束稲(たばしね)山。西行法師ゆかりの桜の名所で、大文字山の斜面では百花繚乱、福島県の花見山を思わせます。(2013年4月29日撮影)

焼石連峰と桜
残雪をおいた焼石連峰をバックに、里の桜が引き立ちます。鯉のぼりが春風になびき、見た目にはのどかな風景ですが、雪山からわたってくる風はけっこう冷たいものです。(2013年4月29日撮影)

須川岳と桜
こちらは須川岳(栗駒山)を背景に咲く、平泉町長島地区のエドヒガンザクラ。「坊がつる賛歌」のごとく、かなたの豊富な残雪を求めて、山スキーをしたくなってきましたね。(2013年4月29日撮影)

北上展勝地の桜
こちらは北上市の展勝地(てんしょうち)の桜です。この日は寒気の影響で、どんよりした空模様のなか、雲の割れ目から朝日が射し、ほんの一瞬、桜が赤みを帯びました。(2013年4月29日撮影)

カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

被災地の桜

 2013-05-03
東北地方にもようやく花の季節が巡ってきました。3度目の春を迎える、被災地の桜です。

大槌町 城山の桜
被災地を見下ろす岩手県大槌町の城山で、桜が満開となりました。懐メロが浮かびました。「季節はまた変わるのに、心だけ立ち止まったまま」。心にも咲いてほしい桜です。(2013年4月21日撮影)

松島 西行戻しの松公園の桜
こちらは、宮城県松島にある西行戻しの松公園からの展望です。満開のはずと思って来たら、もうあと一歩、というところでした。松島の観光船が盛んに往来しています。(2013年4月22日撮影)

石巻 日和山公園の桜
石巻まで足をのばしました。日和山公園の桜は満開。手前の旧北上川では震災復旧工事のショベルカーが作業をしています。奥にかすむのが、牡鹿(おしか)半島です。(2013年4月22日撮影)

碁石海岸の桜
少し日をおいての岩手沿岸です。大船渡市の碁石海岸にも、桜前線が到来です。岩手でもっとも暖かいとされる気仙地方ですが、寒気の影響で開花が遅れていました。(2013年4月28日撮影)

陸前高田市横田町の桜
津波の被害を受けていない陸前高田の内陸部では、田んぼの代掻きが始まりました。気仙川沿いの横田町の桜並木は満開で、午後の逆光を受けて白く輝いていました。(2013年4月28日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桜の通り抜け

 2013-05-01
大阪市北区にある造幣局。ここで硬貨を製造していますが、春になると、桜の公開があります。

造幣局の桜の通り抜け(1)
八重桜が中心なので、ソメイヨシノが散り果てたころ咲き始め、なごり惜しみの花見を楽しませてくれます。その名も、「桜の通り抜け」。さてさて、その真の意味とは・・・。(2013年4月18日撮影)

造幣局の桜の通り抜け(2)
あまりに大勢の花見客でごったがえすので、南門から北門への一方通行なのです。立ち止まり、引き返し、縁石登壇禁止と整理員さんのマイク。トコロテン式の観覧です。(2013年4月18日撮影)

造幣局の桜の通り抜け(3)
短冊になった公募俳句に、「被災地に申し訳ない花盛り」とありました。申し訳なくはありません。都会ですっかり桜が散ったころ、被災地でも、そろそろ花盛りが始まります。(2013年4月18日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫