FC2ブログ

日南海岸の旅

 2013-08-23
宮崎県の日南海岸を旅しました。宮崎市南郊の日向灘に広がる海岸は、青い夏色の海でした。

日南海岸の鬼の洗濯板
隆起性の海岸で、規則的な岩列が続いて、鬼の洗濯板と呼ばれています。でも、洗濯機が普及した現在ではピンときません。巨大な大根をおろせるおろし金と呼びましょう。(2013年8月4日撮影)

鬼の洗濯板(拡大)
近くの青島神社に渡って、鬼の洗濯板の上を歩いてみました。ごつごつした感触です。筋のひとつひとつをよく見てみると、その中に小さな岩の亀裂があって複雑な構造です。(2013年8月4日撮影)

日南海岸の青島神社
青島神社は島ですが、橋でつながっているので簡単に歩いて渡れます。島そのものが神域のようです。境内もこのように海岸の白砂です。日南ブルーの青空がきれいでした。(2013年8月4日撮影)

浜木綿の花
神社のそばに咲いていたのはハマユウの花。日南海岸を代表する海洋性植物で、宮崎の県花です。初夏に咲くので、この時期では少し遅すぎで、一部枯れかけていました。(2013年8月4日撮影)

日南海岸の海照
早朝の日向灘が夏の強い日差しで輝いています。海岸の立派な大木が、そのシルエットを海に投影して存在感を放っていました。この日の最高気温は35度を超えたようです。(2013年8月4日撮影)
スポンサーサイト



カテゴリ :九州・沖縄の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫