しずかな秋

 2013-11-29
低気圧の近づく前です。上空はうす曇で風のない森。いんいんと静寂の音が聞こえています。

鉛温泉の紅葉(2)
鉛温泉の里山の森。植林された針葉樹にはさまれて、カラマツの黄葉がほんの少しだけ目立っていました。しずかな、しずかな里の秋。まもなく葉落としの風が吹きます。(2013年11月18日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

茶色の森

 2013-11-26
岩手県の奥羽山系主脈では雪の季節です。その前哨にあたる里山でも、冬枯れ間近となりました。

鉛温泉の紅葉(1)
花巻市西郊の鉛温泉周辺のミズナラやブナ、カエデの森。紅葉、黄葉が向かうところは、このような色です。茶色を汚いという人がいますが、これも自然の在りようでしょう。(2013年11月18日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

峠見ゆ・・・

 2013-11-24
10月の紅葉の喧騒がすぎ、11月の森閑としたなかで、主役となるのはカラマツの黄葉です。

古田峠のカラマツ
岩手県花巻市の古田(ふった)峠。晩秋の斜陽が山影をのばし、カラマツが黄金に染まります。ツーリング・バイクが、残り少ないシーズンを惜しむように通り過ぎました。(2013年11月17日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冠雪の北アルプス

 2013-11-21
連日、真冬に近い寒気の流入が報じられています。そんな中、北アルプスもすっかり冬装束です。

冠雪の北アルプス
石川県の小松空港から仙台に向かう便は、日本海沿岸を北上、新潟で東北横断ルートに乗り、太平洋に抜けます。富山湾上空から冠雪の槍ヶ岳(左端)が見えました。(2013年11月16日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冬の日本海

 2013-11-18
11月6日、富山県以西ではカニが解禁となりました。つまりは、北陸で海がシケる季節です。

福井県 三国港の怒涛
福井県三国港の朝。九頭竜川の河口です。高気圧の圏内で、放射冷却による朝霧が河口にたちこめるなか、接近中の低気圧からの波浪が見え隠れする幻想風景でした。(2013年11月16日撮影)
カテゴリ :北陸の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

箱根の朝(その5)

 2013-11-15
箱根の仙石原(せんごくはら)はススキの名所です。遊歩道のある草原を少し歩いてみました。

箱根 仙石原のススキ
それまで快晴だったのに、急に雲がわいてきました。すぐ近くが相模湾と駿河湾なので、海洋性の気象の影響を受けやすいようです。草原に光もあたらなくなってきました。(2013年11月9日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

箱根の朝(その4)

 2013-11-14
太陽が少しずつ顔を出し、湖面も明るくなってきました。富士の残雪の白さが水面にも・・・。

芦ノ湖の湖面に映る富士山
波に揺らぎながら現れます。このあと残念ながら、どんどん雲がわいて山を隠し始めたのです。早朝のほんの一瞬の荘厳な風景に立ち会えたのも、このうえない幸せです。(2013年11月9日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

箱根の朝(その3)

 2013-11-13
芦ノ湖は淡水魚釣りが盛んらしく、静謐なはずの早朝に、ひっきりなしに渡船の舟が往来します。

芦ノ湖の水面と富士山
そのため、最初はシャッターを押すタイミングにも戸惑いましたが、やがてその漁船が通過する際にできる波紋が美しいことがわかり、「漁船通れ!」などと願っていました(笑)。(2013年11月9日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

箱根の朝(その2)

 2013-11-12
暗闇を脱ぎ捨て、しだいに明け行く芦ノ湖の水面に、遠目にも目立って赤く染まるものがありました。

箱根神社の鳥居
箱根神社の鳥居です。むかし受験した日本旅行地理検定の試験問題で、よくこの写真が登場し、選択肢に「安芸の宮島」とありましたが、水上に社殿がないので芦ノ湖です。(2013年11月9日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

箱根の朝(その1)

 2013-11-11
日本列島は、ひと雨ごとに冷たい空気に入れ替わっています。富士山もかなり白くなってきました。

芦ノ湖からの早暁の富士
神奈川県の芦ノ湖です。早朝の冷気と湖水の温度差で、蒸気が立ち込めていました。その霧がようやく晴れ、真白き富士の嶺が、ほんのりと赤らんだ顔を見せました。(2013年11月9日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

色づく盛岡の街(その3)

 2013-11-06
小春日和の陽だまりは、おでかけにうってつけ。こんな日のお散歩は、本当に気持ちがよいもの。

盛岡城址公園の陽だまり
かつて訪れた南米ブエノスアイレスの公園では、ある日を境にいきなり葉が舞い散って「今日から冬!」と現地の人がいうのです。色づく公園風景は、日本独特のようです。(2013年11月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

色づく盛岡の街(その2)

 2013-11-05
盛岡城址公園で見つけたトリコロール。紅葉三原色といってよいのですが、主役はどれでしょう?

盛岡城址公園の三色紅葉
中央の赤いカエデでしょう。でも、文部唱歌に「松をいろどる楓や蔦は・・・」とあるように、古来の美意識では、主役は常緑樹の松。落葉樹が風景の主役になるのは現代です。(2013年11月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

色づく盛岡の街(その1)

 2013-11-04
ようやく、紅葉前線が街まで降りてきました。岩手県盛岡市にある盛岡城址公園の黄葉です。

盛岡城址公園の黄葉
快晴の朝、放射冷却の影響で、この日の最低気温は盛岡市藪川で氷点下4.7度。今秋いちばんの冷え込みを記録しました。盛岡市は、日本一気温の低い県庁所在地です。(2013年11月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

渡り鳥の季節

 2013-11-01
11月に入りました。今年は厳冬の予想が出ているせいか、早いうちから渡り鳥が集まっています。

伊豆沼の飛鳥
宮城県の伊豆沼です。ラムサール条約登録地で、鳥の楽園です。マガン、ハクチョウなど渡り鳥が飛来します。鳴く声が近づき、空を見上げた瞬間、小編隊が通過しました。(2013年10月19日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫