深谷を訪ねて

 2014-05-29
一見すると、東京駅のようですが、じつは違います。埼玉県のJR深谷(ふかや)駅の駅舎です。

JR深谷駅
深谷産のレンガが東京駅に使われたので、どうりで駅舎が似ているわけです。中央部の縦型の駅名表示が、深谷のカラーともいえるライト・グリーンですが、この色は・・・。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎのネギボウズ
深谷といえば、深谷ねぎ。関東で食される代表的な根深ねぎです。霜のあたる冬が旬ですから、春先にはこのようにネギボウズとなってしまい、商品価値はなくなるそうです。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎの収穫風景
こうなると、ネギが固くなってしまいます。収穫作業をしていた農家の方と話がはずみ、売ってもらえるか尋ねたら、売り物にならないから、好きなだけ持っていきなさいとのこと。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎの若苗
今は端境期で、若苗を植えるそうです。お言葉に甘え、大きなビニール袋に一杯分頂きました。その甘かったこと!「冬に来たら、うまいのあるぞー。」と。再訪を約束します。(2014年5月24日撮影)

豪雪で倒れたビニールハウス
深谷を含め、関東内陸部は今冬の豪雪で被害を受けました。深谷市内で70㎝を超える積雪で、おしつぶされたビニールハウスがそこかしこに!再興を応援したいですね。(2014年5月24日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

残雪の栗駒山

 2014-05-26
仙台を出た東北新幹線が宮城県のくりこま高原駅に近づくと、西に美しい山なみが見えてきます。

残雪の栗駒山
栗駒山(1627m)です。雪形が馬のように見え、岩手・北上の駒ヶ岳と区別するため、栗原郡の駒ヶ岳、すなわち栗駒と呼ぶそうです。どう見れば馬なのかはわかりません。(2014年5月24日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

田植えのころ

 2014-05-22
この時期の楽しみは、飛行機から眺める田んぼの美しい模様。まるで、モザイクのようです。

酒田市上空からの最上川
山形県酒田市上空から、最上川とその河口です。夕方の暗い時間帯なので、少し鮮明さに欠けますが、この水田に夕日が反射すると、見事な瑞穂の国の風景となるのです。(2014年5月19日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

七折ノ滝

 2014-05-19
いよいよ、寒冷な北上山地の山ふところまで、新緑が登ってきました。岩手県の早池峰山麓です。

七折の滝
賢治もこよなく愛した七折ノ滝です。雪解け水が、複雑な岩盤にあたって跳ね返りながら流れ下ります。鉄砲水のように横にワープする滝は、珍しいのではないでしょうか。(2014年5月19日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

残雪の南部片富士

 2014-05-16
盛岡市の岩山は、岩手山のビュー・ポイントとして有名です。完璧な快晴の日、訪ねてみました。

岩山から見た岩手山
盛岡の街が新緑でおおわれるなか、ほどよい残雪をまとった岩手山は、この時期ならでは。ゴールデンウィーク明けから入梅までの1ヶ月間が、南部の国が輝く時節です。(2014年5月11日撮影)
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

湖山一景

 2014-05-13
岩手県盛岡市の西郊に、御所湖があります。雫石(しずくいし)川をせきとめた人造湖です。

御所湖と岩手山
その湖面に、光と陰が交錯する朝。賢治もこよなく愛した七ッ森の小山のむこうに、ほどよい残雪模様の岩手山が美しい季節です。湖畔の宿「湖山荘」の部屋からの絶景です。(2014年5月6日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春の妖精

 2014-05-09
豪雪で知られる岩手県西和賀町沢内地区。ようやく雪も消えて、春の使者が花を咲かせました。

西和賀町のカタクリ
春先の林床に咲く花たちを、スプリング・エフェメラル(=春の妖精)と呼びます。そばには、キクザキイチゲやエンゴサクの花も咲いて、短い春を謳歌しているかのようです。(2014年5月6日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

越中三景

 2014-05-06
富山県の砺波平野は、チューリップの栽培がさかんです。ゴールデン・ウィーク前が見ごろです。

砺波市内のチューリップ畑
球根を育てるのがメインなので、うっかりしていると、早々に花を切り取られてしまいます。背後の樹木が、地元でカイニョ(屋敷林)とよばれる散居村で、砺波の特色です。(2014年4月27日撮影)

砺波市内の散居村
そのカイニョを展望する高台があります。砺波市郊外の夢の平スキー場です。しかし、散居村景観までの距離が遠く、望遠レンズでなければ絵になりにくいのが残念なところ。(2014年4月27日撮影)

砺波市内のカイニョと朝日
カイニョに朝日が昇ります。ちょうど水田に水も引かれ、一年でもっともみずみずしい季節です。わが岩手の胆沢平野のエグネ集落も、そろそろ田起こしの季節でしょう。(2014年4月27日撮影)
カテゴリ :北陸の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

真白き富士の嶺

 2014-05-03
羽田発徳島ゆきの飛行機が、相模湾上空にさしかかりました。珍しく春の空に現れた富士です。

相模湾上空からの富士山
春先に低気圧が通過するころ、上空はまだ寒気が残っているので、富士山が白く映えます。しかし、地上では春霞が立つので、意外にもその姿を見ることは奇跡なのです。(2014年4月7日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫