大地再生の瞬間

 2015-05-15
岩手では、田起こしの耕耘機の音が、あちこちから響いてきます。それから、一呼吸おいて・・・。

花巻空港付近の田んぼ
水が張られます。濁って茶色い水が、やがて透明となって空を映し、エグネ(屋敷林)の森を水面に投影させます。長かりし冬の乾いた田んぼに、いのちがよみがえるのです。(2015年5月9日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春ぞらと雑木林

 2015-05-11
岩手県は金ヶ崎町の春の空をバックに、冬の雑木林が春色に抜けかわるところに出くわしました。

金ヶ崎町の林と空
このあたり一帯は、大規模に開墾された田畑が広がる場所です。もとは広大な森林だったので、自然林と人造防風林が入り混じる中に田畑が広がる風景となっています。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雪解けの季節

 2015-05-08
奥羽山脈の残雪から出た水が集まって、胆沢(いさわ)川を形成します。そして流れゆく先には・・・。

胆沢川の水流
日本最大級の面積をほこる胆沢扇状地が待っています。米どころとして知られ、数々の銘柄米を産しています。水の恵みに想いを馳せ、橋の上にたたずみ続けるのでした。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

牧場の春

 2015-05-07
奥羽山脈の山ふところにも、やっと春いろがやってきました。岩手県金ヶ崎町の和光三角点です。

和光三角点展望台から経塚山
山ざくらが森のあちこちで咲き、新緑とあいまって美しいモザイクやグラデーションを見せてくれます。空にはヒバリが啼いています。でも、経塚山は残雪で覆われたままです。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

残雪の山々

 2015-05-05
岩手県奥州市の胆沢ダム。ダムの脇から恐ろしく急な坂道を登ってゆくと、展望台に着きます。

奥州湖展望台から焼石連峰
ダムとはコンクリートの構造物を指し、ダムによって生まれた水域を湖と呼ぶのですが、ここは奥州湖という名前がついています。残雪の焼石連峰を眺めるには良い場所です。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダムの一本桜

 2015-05-04
岩手県各地に一本桜が存在しますが、この桜は奥州市の巨大な胆沢ダム直下に咲いています。

胆沢ダムの一本桜
岐阜県の御母衣(みぼろ)ダムの湖畔には、ダム開発に際して湖底から移植された荘川桜があります。ダムと桜は縁が深いのでしょうか。ダム上部に通じる橋が見えます。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

青空に桜

 2015-05-03
1週間近く続いた夏のような暑さで、岩手の桜も咲くが早いか、あっという間に葉が伸び始めました。
奥州市胆沢区若柳の桜
奥州市胆沢区愛宕地区の桜並木から、姿の良い1本に焦点をあて、ここにご登場願いました。白い花、緑の葉、黒い枝、そして青い空と、長い冬を経た春はカラフルです。(2015年4月26日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫