自然は芸術なり

 2015-10-31
近年見かけるのが、ビニール袋に包まれた干し草ロール。無粋に思えることも多いのですが・・・。

花巻市幸田の干草ロール
見方、考え方、撮り方を変えれば、これなども一種のアートとして絵になるようです。にょきにょきと、まるで怪物の歯のようです。岩手県花巻市東和町の田んぼでした。(2015年10月10日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

被災地を漕ぐ

 2015-10-29
大震災から4年半。復興の槌音が岩手の海に響きます。カヤックに乗り、海から陸を見つめます。

両石湾カヤック(1)
岩手県のリアス海岸のひとつ、両石湾です。北西の季節風の吹き荒れるなか、リアス地形の特色で深い内湾だからこそ、漕ぐことができました。リアスの海に感謝です。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(2)
海辺の広葉樹の紅葉も、三陸の魅力のひとつです。この日は、はるばる関西から大学の教え子が2人、訪ねてきてくれました。紅葉をバックに山ちゃんを撮影しました。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(3)
いっぽう、萬ちゃんはオールさばきに苦労していましたが、後半メキメキと上達、厳しい向かい風に最後は打ち勝ちました。断崖のそばを漕ぐのも三陸の魅力のひとつです。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(4)
カヤックが近づくと逃げる鳥も多いなか、小さなカモが我々のそばから離れませんでした。傷ついたのでしょうか、それとも我々に何かを伝えようとしていたのでしょうか。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(5)
新しい防潮堤です。傾斜はつけてあるものの、その巨大さに違和感はぬぐえません。いま、三陸沿岸各地で、巨大防潮堤が建設中です。ますます、海が遠くなっていきます。(2015年10月26日撮影)
カテゴリ :カヤック トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

熱気球あらわる!

 2015-10-25
快走する東北新幹線の車窓から、広大な田園地帯に見慣れない人工物が見え、仰天しました。

一関遊水地の熱気球
一ノ関駅の北に広がる、遊水地の田んぼです。そういえば、この日、熱気球の全国大会が開かれると聞いていました。黄金色の田んぼは、空からはどう見えるのでしょう。(2015年10月10日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夜のゴルフ場

 2015-10-21
夜の飛行機に乗っても、窓際で眠ってはいけません。闇を見続けていれば、必ず何かに気づきます。

神戸市西郊のゴルフ場
漆黒に浮かび上がる神戸市西郊のゴルフ場。ナイター営業です。グリーンが浮かび上がります。日本で北海道に次いで2番目にゴルフ場が多いのが、兵庫県だそうです。(2015年10月9日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カミソリの山稜

 2015-10-17
秋深まると、太陽が低高度をめぐるようになります。夕刻の光を受け、長くのびた山影に見ほれます。

槍・穂高連峰空撮
それは、北アルプスの核心地域、槍・穂高連峰です。深い谷はすっかり夜闇の世界。稜線上の山小屋では、寒さに震えながら落日の瞬間を待つ登山者がいることでしょう。(2015年10月2日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

めくるめく紅葉

 2015-10-13
10月に入り、岩手では高山帯の錦色が出そろいました。今年の紅葉は、例年より早いようです。

犬倉岳斜面の紅葉
岩手山の峰つづき、網張温泉の源泉でもある犬倉岳直下の斜面は、笹原のなかに落葉広葉樹が点在する紅葉の名所です。対岸の展望台から望遠レンズで切りとりました。(2015年10月4日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ハートの月

 2015-10-09
中秋の名月のころ、飛行機からも月がきれいに見えます。でも、この日は、少し変だなと思いました。

ハートの月
なんとハート形をしているではありませんか。じつは、「月にむら雲」のたとえ通り、離陸上昇中に雲を抜けて行ったのですが、たまたま雲の切れ目がこんな形を作ったのです。(2015年9月29日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

見上げる紅葉、見下ろす紅葉

 2015-10-05
岩手県では、岩手山が初冠雪を迎えました。いっぽう、北上山地の重鎮、早池峰は紅葉真っ盛り。

早池峰と紅葉
独特の地質から森林限界の低い早池峰は、上部は岩の世界。あまり登ってしまうと紅葉が楽しめません。小田越(標高1250m)付近から見上げる紅葉がオツなものです。(2015年9月28日撮影)

小田越の紅葉
あるいは、中腹の御金蔵(1700m)あたりまで登って、小田越付近の紅葉を見下ろすのもひとつの楽しみ方。岩塊の下方に広がる紅葉原の中に、小田越山荘が見えます。(2015年9月28日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

海の季節感

 2015-10-01
紅葉や雪、草原や田んぼなど、山や里は季節感のあるモチーフでいっぱい。でも、海はというと・・・

種差海岸のススキ原
それそのものでは、季節を感じることが難しいのです。でも、たとえば、こういう風景だと、秋だなと感じます。青森県は三陸復興国立公園にある種差海岸のススキ原です。(2015年9月25日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫