春浅き大船渡湾

 2016-02-29
久しぶりに岩手県の沿岸を訪ねました。大船渡市丸森の高台から、三陸の春景を見つめました。

春浅き大船渡湾
まだ2月。でも、前景の笹竹の緑が春を思わせます。海もまだ寒い青色ですが、明るく輝いて心あたたまります。沖合の湾口防波堤の建設も急ピッチで進められていました。(2016年2月27日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北帰行を前に

 2016-02-26
暖冬の岩手では、いつもより早く、あちらこちらでハクチョウが編隊飛行訓練を行っております。

三郎堤のハクチョウ
もっとゆっくりしたかったかもしれませんが、南風をとらえてシベリアへ帰らねばなりません。冬が短いと、彼らの生活も慌ただしいのです。花巻市の三郎堤からの飛翔でした。(2016年2月18日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フラワー王国から

 2016-02-22
暖冬ながら、冬の寒さが健在ですが、全国にさきがけ、黒潮かおる房総半島で春がらんまんです。

館山の花畑
千倉(ちくら)の花畑です。ストックやポピーなどが咲いています。暖冬で、1ヶ月も早い開花だそうです。書き入れ時の彼岸まで、花が持たないのでは、と心配されています。(2016年2月10日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

海越しの富士

 2016-02-18
立春を過ぎましたが、温暖な房総半島でも朝は冷え込みます。でも、この時期のごほうびは・・・

館山からの富士山
東京湾ごしに浮かぶ富士山です。たっぷりと雪をおいた富士が美しい曙光に包まれました。千葉県は房総半島の先端、館山市の洲崎(すのさき)付近からの風景です。(2016年2月10日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

豆腐が何丁?

 2016-02-14
今年の岩手は暖冬が続いており、いちめん真っ白という風景が見られる地域は限られています。

花巻市北郊の田んぼ
いわて花巻空港北郊の田んぼの空撮写真です。例年はもっと雪が多く、田んぼどうしの境がわからないのですが、初春のころのようにあぜ道の輪郭が浮き出ています。(2016年1月30日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

厳冬期の岩手山

 2016-02-10
夏には大勢の登山者でにぎわう岩手山も、真冬になると、限られた山ヤだけに開かれた世界です。

岩手山空撮
でも、空からならば、いともたやすくその火口内部も観察可能。頂上部の稜線は、らせんを描きながら最高点に達し、ふたたび火口内部へと落ち込むカタツムリの形です。(2016年1月30日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

天然の彫刻刀

 2016-02-06
岩手県は北上山地の魅力は、冬にきわまります。斜光によって、雪の山襞があらわになります。

九戸付近の山襞
県北の九戸(くのへ)付近の空撮です。無数の山と谷がおりなす模様は、いつまでも見飽きません。とはいえ、対地速度700キロの飛行機からは、ほんの一瞬の風景です。(2016年1月30日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雲間から現わる

 2016-02-02
航行中、自機から他機を捉えるのは難しいですが、ひとつの難点は、日本列島の細長い形状です。

福岡空港で空中待機中の日航機
そのため、同方向に航路が重なり、直角交差が少ないのです。これは、福岡空港混雑のため、当機より一段低い高度を空中待機中の他機の交差を、偶然とらえたものです。(2016年1月18日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫