FC2ブログ

飢饉の礎

 2016-09-01
お盆を過ぎると、自然風景の被写体は秋までお休み、となります。そんな中、訪れたのは・・・。

遠野 五百羅漢
岩手県遠野市の山中にある五百羅漢。現在より平均気温が3度も低かった江戸時代、度重なる飢饉で命を落とした人々を供養するため、石仏に羅漢が刻まれたものです。(2016年8月21日撮影)
スポンサーサイト



カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫