6年後の被災地沿岸(洋野町)

 2017-03-30
さて、いよいよ岩手県最北の町、洋野町です。八木漁港に昨年から建設中だった防潮堤が・・・

洋野町 八木漁港の新防潮堤
ほぼ完成。目をひいたのは、カラフルな絵画。昔のこの場所の情景が描かれたものでしょう。震災前の記憶をとどめ、明日に向かって進む町のゆくえを、応援したいものです。(2015年3月15日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(久慈市)

 2017-03-29
久慈市の小袖海岸は、NHKの朝の連ドラ「あまちゃん」の舞台として有名になりましたが・・・

久慈市 小袖海岸の石碑
その宣伝効果は、番組終了から4年経った今も絶大です。この日も、横浜から車でやってきた学生グループに出会いました。来るたびに、この種の石碑が増えています。(2015年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(野田村)

 2017-03-28
かつて、どこまでも続く自然海岸だった野田村の十府ケ浦。震災後は、どこまでも防潮堤の続く・・・

野田村の十府ケ浦の新防潮堤
完全な人工海岸に。砂浜はハマナスやハマエンドウの花の名所でしたが、今後ははたして・・・。いっぽう、明るい話としては、三陸鉄道の十府ケ浦海岸駅が開業しました。(2017年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(普代村)

 2017-03-27
普代村は、巨大水門のおかげで、比較的震災の被害が少なかったといえます。早い時期から・・・

普代村の大田名部漁港
大田名部漁港には、漁船が復活していましたが、今年はさらに、係留されている漁船数が多くなったように感じます。漁港ではこれ以上の隙間がないほどの混みようでした。(2017年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(田野畑村)

 2017-03-26
田野畑村の島越(しまのこし)駅前では、ふれあい公園の整備事業の一環で、東屋が建設中でした。

田野畑村 島越駅前整備事業
駅は、わずかの平地である島越漁港に面していますが、北山崎の観光船が発着する観光拠点としても重要。住宅は、標高200メートルの海岸段丘上の平地にあります。(2017年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(岩泉町)

 2017-03-25
昨夏の台風10号の風水被害で、内陸の山間部に大きな被害を受けたのが、岩手県岩泉町です。

岩泉町小本の新防潮堤
広大な森林面積をほこる岩泉町。その小本川の河口部に、小面積ながら沿海の地域があります。傾斜型の防潮堤が完成して、内側(左側)で住宅の造成が進んでいました。(2017年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(宮古市)

 2017-03-24
宮古市田老地区では、新防潮堤の建設がいっそう進みました。気になるのがその高さですが・・・

宮古市田老の新防潮堤
自動車の5倍ほどもあります。基部が薄いので、最大級の津波が襲来すれば、やはり壊れそう。この高さには、正直なところ違和感を感じます。住宅地は高台に移転しました。(2017年3月15日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(山田町)

 2017-03-23
山田町では、昨年まで急ピッチで災害復興公営住宅の建設が進められていましたが、いよいよ・・・

山田町の災害復興公営住宅
完成して、入居が始まっています。ここは、かつてのJR山田線の陸中山田駅前で、将来はJRから三陸鉄道に移管された形で駅が開業するので、駅前の開発が盛んでした。(2017年3月12日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(大槌町)

 2017-03-22
さて、大槌町では、震災から6年経ってはじめて、「復興」という言葉が現実味を帯びてきました。

大槌町の住宅造成地
市内の区画整理が整然と行われ、どこまでもまっすぐな道路に沿って電信柱が通され、コの字型のごみ集積場がまず生まれました。あとは家が建つのを待つばかりです。(2017年3月12日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(釜石市)

 2017-03-21
釜石市です。近年、沿岸の各地で災害復興公営住宅の建設が目立ちましたが、この釜石でも・・・

震災6年後の釜石
嬉石(うれいし)地区で、複雑な造成作業ののち、少し盛り土された場所に公営住宅の建設が進んでいました。いっぽう、釜石市街地でも新建造物で街らしくなっていました。(2017年2月26日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(大船渡市)

 2017-03-20
大船渡市では、昨年から複数のホテル建設が進みました。大船渡プラザホテルに続いて・・・。

震災6年後の大船渡
今回、目をひいたのが、ホテル・ルートイン大船渡。工事、出張、法事、観光旅行など、震災後にホテルのニーズが高まっていたので、部屋不足が解消に向かうと思われます。(2017年2月26日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6年後の被災地沿岸(陸前高田市)

 2017-03-19
東日本大震災から6年。今年も沿岸各地の状況を記録してきましたので、まずは陸前高田市から。

震災6年後の陸前高田
土砂運搬のベルトコンベヤーも撤去され、高台造成も進んだ一方、気仙川に架かる気仙大橋の工事が大詰めに。左右から構造物が接続を目指します。今夏の完成予定。(2017年2月26日撮影)
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

不可分の関係

 2017-03-15
英語には、set expressions (成句)というものがあります。風景にも、不可分の関係があって・・・。

釜房湖から蔵王連峰
それは、湖と山の set です。深田久弥は、「妙高なくして野尻湖なにものぞ」と言いましたが、平面的な湖には立体的な山が必要なのです。宮城県の釜房湖と蔵王連峰です。(2017年3月1日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

光芒の聖地

 2017-03-11
北海道富良野を拠点とする写真家、高橋真澄氏は、「虹は狙って撮れる」と断言するのだが・・・。

花巻市の光芒
たしかに、富良野のような日本海側と太平洋側の気候の境界は、しぐれ模様の適度な雨雲、雪雲が出る。ということは虹も光芒も・・・。岩手県花巻市もそれに似た場所だろう。(2016年2月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

コクチョウ!?

 2017-03-08
「ふゆみずたんぼ」という言葉も定着してきました。乾燥した冬の田に、水を張ることですが・・・。

黒いハクチョウ
それを待ち望むのが、ハクチョウたち。水が張ってあると餌取りがしやすいそうで、どろんこ構わず、ワンパクな子供のよう!せっかくの純白が真っ黒に!岩手県花巻市です。(2017年2月16日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

よってたんせ!

 2017-03-05
2月15、16日の2日間、秋田県の横手市で、かまくらのお祭りがありました。市内の会場では・・・。

横手のかまくら
こんな大きいかまくらが、至るところに!内部にはボランティアの中学生がいて、観光客を「よってたんせ!」と誘い、甘酒や餅をふるまいます。その順番を待つ行列です。(2017年2月16日撮影)

横手の飲み屋街のかまくら
そして、こんな飲み屋街にも・・・。大人限定で、熱燗とおでんでもほしいところですが、なぜか無人。また、英語の話せるスタッフがインバウンド対応をするかまくらもありました。(2017年2月16日撮影)
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

おお、タカラヅカ!

 2017-03-02
伊丹空港を離陸した飛行機は、旋回しながら宝塚市の近くを通過します。近年の開発で・・・。

空から見た宝塚
武庫川の両岸に高層ビルが建ち並び、まるで大都会。ここがあの有名なタカラヅカ。つまり、歌劇の聖地。それなのに、阪急宝塚線に昼間に走る特急がないのが不思議。(2017年2月11日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫