小雨ふる路

 2017-04-29
春は花散らしの雨の季節。「小雨ふる径」の歌のように、滑走路のアスファルトもしっとり濡れて・・・

伊丹空港の滑走路
夕刻の時間もあいまって、かなり暗い状況です。そこで、早々に滑走路灯がつけられました。まるで、道に咲く花のよう。伊丹空港の32L、つまりメイン滑走路の末端付近です。(2017年4月17日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

チャーター便

 2017-04-25
いわて花巻空港の到着案内画面に、見慣れない都市が中国の簡体字で表示されていました。

花巻空港の到着表示
下から2番目の「曼谷」です。でも、航空会社を見てピンときました!タイ航空なのですから、バンコクなのです。便名が8千番台なので臨時便、「包机」はチャーター便です。(2017年4月15日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春のトラック

 2017-04-21
西南日本では、桜も散って新緑が日ごとに濃さを増すころ、緑の芝が一層引き立つこの場所は・・・

阪神競馬場空撮
伊丹空港離陸後、すぐ眼下に広がる阪神競馬場です。外周の一部に桜並木があるのですね。どうして、半円が大きく膨らんだ非対称なトラックなのでしょう。複雑な構造です。(2017年4月16日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

朝日連峰、大鳥池

 2017-04-18
奥羽脊梁山脈のひとつ、山形県の朝日連峰は、高さとともに懐の広さを併せ持つ山域ですが・・・

朝日連峰と大鳥池
背骨となる主稜線から、いくつも支尾根が派生することもその特徴。飛行機からだと、その襞具合が鮮明にわかります。最下部にはタキタロウ伝説で知られる秘湖、大鳥池も。(2017年4月5日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春の使者

 2017-04-14
雪国の4月です。岩手県は花巻市の里山では、オオミスミソウ(雪割草)の可憐な花が見られます。

万寿山のオオミスミソウ
新潟県の佐渡や対岸の中越地方の里山、石川県の能登半島先端など、ほどよい降雪地域にしか分布しない絶滅危惧種です。白、ピンク、赤、紫と多彩な色を見せてくれます。(2017年4月3日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

みちのく盆景

 2017-04-10
何かと画材、いや写材に事欠く早春です。この日は、春のやわらかいうららな陽光に照らされて・・・

矢巾町のため池の松
盆栽のような美しい松が、ため池に浮かんでおりました。岩手県は矢巾町の風景です。どうして、こんな水分の多い土壌で生育できるのか。撮影後に疑問が生まれました。(2017年3月29日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

烏合の衆

 2017-04-07
遠目に見て、てっきり電線に黒いビニールが引っかかっているものだと。でも、近寄ってゆくと・・・

八幡平市 旭日之湯前のカラス
カラスの大群でした。右方の電線にも、えんえんと連なっておりました。こういう特異な光景から、ヒッチコックのホラー映画が生まれたのでしょうか。岩手県は八幡平市です。(2017年3月25日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春は足もとから

 2017-04-04
岩手の上空は冷たい風が吹いていても、雪が解けた足もとは、春の太陽に温められてゆきます。

東和町安俵の福寿草
スノー・ホワイトが消えて、一抹の寂しさが漂う地面。茶がれた土色に緑はいまだ萌えず、雪で押しつぶされた雑草が身を起こすまでのあいだ、福寿草の黄色に心躍ります。(2017年3月20日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春は名のみの・・・

 2017-04-01
4月に入りました。都会では、桜が満開を迎える頃。とはいえ、岩手はまだまだ冬の様相です。

新鬼越池からの岩手山
滝沢市の新鬼越池は、まだいちめんの雪と氷の世界。その白い雪原と少し春めいた真っ青な空のあいだにはさまれて、岩手山が非対称な片富士の山稜を見せています。(2017年3月19日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫