水、みなぎりて

 2017-05-30
津軽富士と呼ばれる岩木山の雪も解けて、今年も津軽平野のたんぼが潤いの季節を迎えました。

黒石市上空からの田んぼ
青森県黒石市上空からの空撮です。「漲る」という漢字は、まさに水が張られる、ということ。日本海に沈む夕日の残照を受けて、まるで広大な湖のように水田が輝きました。(2017年5月19日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

たそがれの八郎潟

 2017-05-27
日も長くなった5月の下旬。高度1万メートル上空では、さらに日没が遅くなるのです。午後7時。

八郎潟空撮
大規模営農で知られる秋田県の八郎潟干拓地。水が満々と引かれた田んぼが夕日に輝いています。画面下の田んぼと比べれば、いかに干拓地が大きいことでしょう。(2017年5月19日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アルペン・ルート

 2017-05-24
名古屋小牧空港を離陸したFDA機が、長野県の黒部湖上空にさしかかりました。夕刻の光に・・・

立山室堂空撮
たっぷり雪をおいた山々が映えます。弥陀ヶ原から室堂へのびる立山黒部アルペン・ルート。立山の雄山と大日岳、そしてかつてテントを張った雷鳥沢を懐かしく眺めました。(2017年5月19日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春の妖精

 2017-05-21
春まだ浅きころ、岩手県花巻市の里山を訪ねました。歩いて心地よい、よくできた自然歩道です。

八方山のイワウチワ
林道から尾根へと見事な誘導で傾斜をかせぐ道は、飽きない絶妙なトレイル。春は林床の花々が足をとめ、一歩も前に進みません。これは葉がウチワに似たイワウチワの花。(2017年5月2日撮影)

八方山のカタクリ
もちろん、スプリング・エフェメラルの王者はカタクリ。画面の中に密集しておさまってくれるくらいの濃厚な群落はなかなかありませんが、意外にもここ八方山で出会えました。(2017年5月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春と冬の同居

 2017-05-19
よほど空気が澄んでいなければ、こうはっきりは見えません。ここ花巻市から岩手山までは・・・

花巻市高木の猿ケ石川と岩手山
直線距離で50キロほどあります。この日は、春の張りつめた空気のなか、残雪のほどよい南部片富士が、芽吹き始めた猿ケ石川の新緑の奥に、くっきりとその姿を現しました。(2017年5月2日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

つくしづくし

 2017-05-17
春の里辺の風景は、しだいに標高を上げて、山麓、そして山頂へと駆け上がってゆくのです。

権現堂山山麓のツクシ
岩手県花巻市の権現堂山。宮沢賢治が、経埋ムべき山のひとつに選び、その頂上から早池峰を拝んだことで有名です。その山麓に、いちめん、つくしが出ておりました。(2017年5月1日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

信越トレイル

 2017-05-15
長野県北部のこの空域を飛ぶ度、いつも気になるのが、画面下方に緩い弧を描く白い山脈です。

関田山脈と野沢温泉
千曲川に沿った里の雪が消え、関田山脈が浮き彫りに。この稜線上に、全長80キロの長大な信越トレイルがあって、登山者に人気とか。完成してまだ10年未満だそうです。(2017年4月30日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

黒い滑走路

 2017-05-12
間近で見ると、こんなにも黒く見えるのですね。離陸の直前に垣間見た伊丹空港の滑走路です。

伊丹空港滑走路のタイヤ痕
着陸機の大変な重さを支える滑走路は、アスファルトを何層にも塗り固めた丈夫な構造。そこへ、車輪が白煙を上げて着地すると、タイヤ痕が真っ黒に刻印されるのです。(2017年4月30日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

竹に櫻

 2017-05-09
岩手にしては、珍しい画材の取り合わせです。そもそも、西南日本の人たちがいうタケノコとは・・・

紫波町 城山公園の桜と竹
孟宗竹で、暖地性のもの。岩手県でタケノコといえばブッシュに生えるネマガリダケのこと。でも、少しだけ節の太いふつうの竹も時折みかけます。紫波町の城山公園でした。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

花は盛りに・・・

 2017-05-07
ちょっと満開には早いのです。岩手県紫波町の城山は、周囲の平野よりわずかに標高が高く・・・

紫波町 城山公園の桜と岩手山
満開を予想して来たのですが、7分咲き。兼好法師の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」という名言に力を得ます。桜の窓から、岩手山が顔をのぞかせます。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

美しく碧き北上川

 2017-05-05
ドナウ川のことではありません。ここ岩手県を南北に流れる北上川も、碧き水色に翠色の樹々が・・・

紫波町 城山公園から北上川
映える季節がやってきました。紫波町にある城山公園は桜の名所ですが、じつは北上川を縦方向に見下ろす数少ない展望地です。桜には少し早く、コブシが見ごろでした。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

仕事前のワン・カット

 2017-05-03
今春から、縁あって、岩手県盛岡市の郊外、矢巾地区にあるこちらの大学に出向いております。

岩手医科大学と岩手山
麦畑と岩手山にはさまれた美しいキャンパス。最高の立地条件。講義前、少し早く到着したので、仕事前のワン・カット撮影です。ワン・カップではありません。お間違えなく!(2017年4月24日撮影)

矢巾町から冠雪の早池峰
さて、仕事も無事終了。帰路、矢巾町で車を走らせていると、ピンク色の桜と緑色の牧草ですっかり春らしくなった風景の奥に、冬山を見つけました。残雪恋し、早池峰です。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

桜並木はどこまでも

 2017-05-01
桜前線がいよいよ北東北に到達し、津軽海峡を渡ってゆきました。岩手県北上市の展勝地では・・・

北上展勝地の桜
快晴の空のもと、桜並木が朝の光を受けました。平日の5時過ぎ、日中は人の列ができる遊歩道も、散歩で近所の人が歩いているくらい。おや、飛行機が通り過ぎました。(2017年4月24日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫