俯瞰する紅葉

 2017-10-29
見上げる紅葉もいいのですが、斜面にへばりつく紅葉を望遠レンズで見下ろすのもオツなもの。

犬倉岳の紅葉
網張スキー場の3本のリフトを乗り継ぎ、登山道を登ってゆくと犬倉の展望台に。半島のように張り出した先に立つと、火山活動の盛んなボールにサラダのような紅葉です。(2017年10月8日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

燃える秋

 2017-10-25
秋の山は燃えるがごとし。本当にそんな表現がぴったりなくらい、その年最後の光を放つのです。

網張スキー場の黄葉(1)
岩手県雫石町の網張スキー場では、コース整備のため、刈り払い作業が始まるころ。そのゲレンデの中、3本のリフトを乗り継いでゆくと、こんな輝きの森が広がっています。(2017年10月8日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

霧の季節

 2017-10-21
岩手県雫石町の小岩井農場。霧中に浮かぶ一本桜の葉が色づいて、秋の深まりを伝えています。

小岩井の一本桜(1)
英国詩人、ジョン・キーツに「秋に寄せて」という詩作品があります。その一節に、"Season of mists and mellow fruitfulness"とあり、秋を「霧の季節」と表現しています。(2017年10月8日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

紅いりんごにカメラを寄せて

 2017-10-17
秋の日の朝の光を浴びて、色づき始めたりんごが輝きます。岩手県花巻市八重畑の光景です。

花巻市八重畑のりんご畑
りんごといえば、日本では青森県や長野県ばかりが有名ですが、岩手県のりんごも忘れてはなりません。台風が1つ通過しましたが、収穫まで平穏であってほしいものです。(2017年10月8日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雲海の鳳凰三山

 2017-10-13
登山には、雲一つないピーカンがうってつけ。たしかに、遠くの山を望むにはそれがいいでしょう。

鳳凰三山縦走
でも、ドラマチックな瞬間というのは、天候が崩れ始める時や、逆に回復してゆく時に現れます。南アルプスの鳳凰三山の稜線に押し寄せる雲海。遠くに甲斐駒が見えます。(2017年10月1日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

紅葉の御嶽

 2017-10-09
御嶽の噴火から3年が経ちました。今年から規制が緩和され、一部の登山道が解放されました。

御嶽 三の池と草紅葉
痛ましい被害を出した噴火のあと、今も登山道や山麓展望台の各所に献花台があります。一方、御嶽の荒ぶる自然の対極に、美しい自然があります。紅葉の三の池です。(2017年9月30日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

錦おりなす

 2017-10-05
年々、人気が高まっています。この日も、ひと足早い錦繍をもとめて、大勢の登山者が訪れました。

三ツ石山の紅葉
岩手県は裏岩手連峰の三ツ石山の紅葉です。岩手県は、南部の須川岳を除いて、黄色は多くても、なかなか紅い色の勝った紅葉が少ないので、この山のこの色は貴重です。(2017年9月24日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

南会津の名峰

 2017-10-01
福島県の南会津地方は、平家の落人伝説があるくらい、車でのアプローチが難しい秘境です。

会津駒ヶ岳
燧ケ岳、平ケ岳とともに、会津駒ケ岳は日本百名山のひとつ。その駒ケ岳は、高層湿原となだらかな稜線の美しい山。深田久弥が「もっとも素晴らしい」と形容した山頂です。(2017年9月22日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫