FC2ブログ

秋の桜(その1)

 2017-11-30
街中で、こんなに赤く染まる葉はあるでしょうか。そんなことを思わせる、じつに見事な紅葉です。

桜ノ宮の紅葉と大阪城
大阪市の桜ノ宮は、その名のとおり桜の名所。春には大勢の人でごったがえしますが、秋には誰も来ません。でも、桜の葉は紅葉も見事です。遠くに大阪城が見えます。(2017年11月17日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

うっすらと、雪

 2017-11-26
岩手県の北上山系には、大小さまざまな峰があります。最高峰の早池峰を望むこの山は・・・

猫山から冠雪の早池峰
猫山です。花巻市大迫町の外川目旭ノ又地区から無舗装の林道を登ると、登山口に到着。幅の広い山道を40分ほど歩くと、猫山山頂です。冠雪の早池峰が見えました。(2017年11月13日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

寂しき森

 2017-11-22
冬枯れ色の森に、夕刻の斜陽がさして明るく輝きました。その合間に、常緑の杉林があります。

猫山から見下ろす森
岩手県の北上山地に、猫山という里山があります。奥まった集落から、さらに林道を車で走らねばなりません。そして、登山道を40分歩けば、この風景に出会えるのです。(2017年11月13日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

湖上の山々

 2017-11-18
古来、湖と山は風景として相性が良いものです。平板な湖を立体的に引き立ててくれるのです。

榛名湖から榛名山
群馬県の榛名湖は、火山群の中の山上湖。その湖畔に美しい富士山のような山があります。榛名富士の異名をもつ榛名山です。山上までロープウェイで登ることもできます。(2017年11月3日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

活火山に積もる雪

 2017-11-14
信越国境に、頸城(くびき)山塊と呼ばれる山々があります。晩秋にいち早く雪が降る地域です。

雨飾山 笹平から焼山
雨飾山の笹平から対面に鎮座する焼山に雪が積もりました。活火山ですので地温は高いはずですが、それを打ち消す寒気と雪が、蒸かしたジャガイモの上に乗りました。(2017年10月28日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

信越の双耳峰

 2017-11-10
秋の深まるしぐれの頃、雨の多い信越国境の山々。雨飾山はまさにその名前の通りなのです。

荒菅沢から雨飾山
あまかざり、という美しい名の響きに心寄せたのは、深田久弥さん。彼は二度も雨にたたられ三度目に登頂に成功しました。快晴の荒菅沢から雨飾山の岩稜を眺めました。(2017年10月28日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

垣間見た雪

 2017-11-06
台風崩れの低気圧が北海道の東方沖で再発達し、今季初の本格的冬型気圧配置になりました。

小岩井農場から岩手山山腹の雪
何度か冠雪した岩手山も、このタイミングで山麓まで雪が届きそうになりました。雪雲が一瞬だけ切れて、上層の雲と小岩井農場の林との間に、積もった雪が現れました。(2017年10月30日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

色づく秋の田

 2017-11-02
東北に縁のない台風が、最近は頻繁にやってきます。しかも、収穫の秋を迎える頃に集中します。

西根平笠から田んぼと岩手山
そのたびに、農家はやきもきします。岩手県は農業自給率が100%を超える県。ということは、果樹園のりんごもぶどうも、田んぼの稲も野菜もそばも、災害に敏感なのです。(2017年10月8日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫