FC2ブログ

松前の桜

 2018-05-29
もっとも訪ねにくい桜のひとつでしょう。北海道の松前城です。なにしろ、函館から2時間近くも・・・

松前城の桜
車を走らせなければ、たどりつけません。でも、今では辺鄙なこの城下町も、江戸の北前船時代には、表玄関だったのです。悠久の歴史を、家紋に託して撮影しました。(2018年4月29日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :北海道の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

支笏湖畔の山々

 2018-05-25
火山の噴火によって生まれたカルデラ湖は、たいてい切り立った山々が、その外周を覆っています。

支笏湖空撮
支笏湖畔の恵庭岳とオコタンぺ湖、そして樽前山(奥)です。丘珠空港を離陸した飛行機は、まっすぐ函館を目指します。陸路で4時間かかるところ、飛行機だと40分です。(2018年4月28日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

月山と葉山

 2018-05-21
東北地方で、やけに白い山々だな、と思ったら、それはたいてい月山、鳥海山、八甲田山でしょうか。

月山と葉山
山形県の東根市上空から眺める風景は、奥に月山、手前は何かといえば、葉山です。馬蹄形の稜線が特徴で、古くから葉山信仰がさかんで地元の人には知られた存在です。(2018年4月21日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

残雪の山々

 2018-05-17
厳冬のもたらした豪雪が春の暖気で瞬く間に消えゆく中、北アルプスの核心部はさすがに違います。

薬師岳空撮
右奥の弥陀ヶ原、立山連峰から黒部湖、そして薬師岳から左奥の有峰湖まで、ハイライト部にはたっぷり雪があります。とがった稜線と谷間の入り組み具合が絶景です。(2018年4月21日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

白き峰々

 2018-05-13
春先の空旅の楽しみは、雪のない平地を背景に、残雪豊富な山の輪郭が浮かび上がる絶景です。

白山空撮
伊丹発いわて花巻ゆきの左窓から、遠くに白き峰々が目にも鮮やか。白山という名前は、まさにこの山にぴったりです。まだ、越前と加賀の国境稜線にも雪が残っています。(2018年4月21日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

二つの闇に囲まれて

 2018-05-09
日本の三大夜景は、函館、長崎、そしてこの神戸です。3か所に共通するものは何かといえば・・・。

海上から神戸の夜景
夜景を引き立てる二つの闇の存在です。つまり、黒い山と黒い海にはさまれてこそ、都会の夜景は映えるのです。神戸空港に着陸する寸前、そんな神戸の夜景が楽しめます。(2017年4月16日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

開通20周年

 2018-05-05
今春、本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋が、開通20周年を迎えました。その記念ライトアップです。

舞子公園から明石海峡大橋
完成前の1995年、阪神淡路大震災の影響で、設計橋長3910メートルだったのが3911メートルに伸びたのです。様々な試練に、様々な過去を想いながらの撮影でした。(2018年4月10日撮影)
カテゴリ :関西の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

花見を島で

 2018-05-01
お花見を離島で、というのは案外思いもつかないことでした。しかも、ふつうの種類ではない桜。

利島のオオシマザクラ
都会でソメイヨシノがいくら満開だといっても、もう触手が動かされません。西行の愛でた桜も山桜です。伊豆諸島の利島で見たものは清楚な白色のオオシマザクラでした。(2018年4月3日撮影)
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫