震災2年後のいま―田野畑村(その1)

 2013-04-05
有名な観光地、北山崎を擁する田野畑(たのはた)村も、海辺の集落は大被害を受けました。

島越漁港
海岸段丘のところどころに漁村集落があります。その一つ、島越(しまのこし)漁港は比較的小規模なため、漁港周辺の工事はかなり進んでいる印象を受けました。(2013年3月20日撮影)

三鉄の復旧工事
三陸鉄道北リアス線の不通区間(田野畑ー小本間)も工事が急ピッチ。三鉄はほとんどの区間が山中のトンネルを利用するので、トンネル外の浜のみが被災箇所です。(2013年3月20日撮影)

田野畑駅の駅舎
現時点で開通している区間の終点、田野畑駅の駅舎はなんともオシャレなデザインに!駅ごとにエスペラント語の愛称がついており、当駅はカンパネルラの愛称です。(2013年3月20日撮影)

田野畑駅の応援メッセージ
もう1ヶ月すると、三陸にも遅い春がやってきます。田野畑駅舎の壁面には、桜のイラストとともに、寄せられた応援メッセージがびっしりと書きこまれていました。(2013年3月20日撮影)

再開したホテル羅賀荘
三陸随一の景勝地、北山崎の断崖や、サッパ船によるアドベンチャーなど、そんな復興ツーリズムを支えるのがホテル羅賀荘。4階部分まで浸水しましたが、復帰しました。(2013年3月20日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫