フォトジェニックな梅雨の空

 2013-07-07
梅雨は嫌われものですが、飛行機から多彩な雲の表情が見られるのは、実はこの時期なのです。

霧たれこめる十和田湖
花巻空港から新千歳空港までの空路で、見慣れた図形の白い雲の塊が見えました。そうそう、この輪郭は十和田湖でした。気温と水温の差で生じた湖上の霧でしょう。(2013年6月30日撮影)

下北半島のやませの雲
さらに下北半島上空までさしかかると、太平洋側から押し寄せる雲海が、まるで陸地をのみこんでいくかのような迫力でした。これが、この時期に多いヤマセ(海霧)です。(2013年6月30日撮影)

山形上空の積乱雲
こちらは、別の日に山形上空で見かけた積乱雲です。日没寸前の淡い光を受けて輝けるのは、雲海上で、さらに上へとせりあがることができた積乱雲だけの特権なのです。(2013年6月24日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫