石垣島(その1)

 2013-08-06
太平洋高気圧にすっぽり覆われた石垣島は、海も空も、どこまでも、どこまでも青と緑の世界。

石垣島のマングローブ
島の南西部、名護地区は汽水域となっていて、水際にマングローブが発達しています。川と海の出会うところですから、少し水は濁っていますが、豊かな生物環境です。(2013年7月27日撮影)

石垣島のサトウキビ畑
島の中心部には、サトウキビ畑が広がっています。なんとなく寂しい風景です。一陣の風が吹いて、ざわわざわわと、ほんとうにそんな音を奏でているような気がしました。(2013年7月27日撮影)

石垣島の陸と海
緑色の畑ではサトウキビが生育中。茶色い畑は耕作中。海岸線から少し沖合いまでは、サンゴ礁の発達する浅瀬で礁湖。その向こうは深い海。南の島の原色図鑑です。(2013年7月27日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :九州・沖縄の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫