出雲の旅(海編)

 2013-08-29
少し前の話になりますが、今夏の暑いさなか、神話の里、島根半島西部の出雲地方を旅しました。

日御碕神社
出雲といえば出雲大社ですが、今年は60年ぶりの遷宮ということで大混雑しています。境内がごった返していると聞いて、その先の日御碕(ひのみさき)神社を訪ねました。(2013年8月5日撮影)

日御碕灯台
海辺の近くには夕日の美しい日御碕灯台があります。青空には白亜の灯台が映えますね。灯台の上には登ることができて、この日も家族連れが眺めを楽しんでいました。(2013年8月5日撮影)

鷺浦の漁港
そのにぎやかな観光地を後にして、狭い山道を通って半島を海沿いに東進すると、なんともしっとりした静かな美しい漁村集落に出ました。鷺浦(さぎうら)という町です。(2013年8月5日撮影)

鷺浦の石州瓦の町並み
町のすぐ後ろが山で、つまり海と山に挟まれたこじんまりした漁村です。赤い石州瓦で統一された民家群は青い海と緑の山の間にあって、絶好のアクセントとなっています。(2013年8月5日撮影)

鷺浦のトンネル
トンネルがありました。まるで望遠鏡でのぞいたように、暗い筒の向こうに美しい町並みが明るく輝いていました。観光地ではない、ふだん着の町を見て歩くのも旅の魅力です。(2013年8月5日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :中国・四国の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫