陸前高田を訪ねて

 2013-09-17
東日本大震災の津波で一本だけ残った「奇跡の一本松」。岩手県陸前高田市の復興シンボルです。

奇跡の一本松
枯死したのちも、永久保存するため防腐処理などの修復作業が施されましたが、一時、作業に間違いが見つかり、修復作業をやり直し、この初夏に正式に設置されました。(2013年8月23日撮影)

奇跡の一本松(下部)
照明装置も円形の芝生ゾーン内に据えられ、夜間ライトアップされています。献花台も出来ました。奥に見えるユースホステルは、解体処理がなされぬまま残っています。(2013年8月23日撮影)

こんちょくの看板
市内中心部は復興作業が進んでいませんが、高台移転のための造成作業は本格化し、ダンプカーが往来していました。そんな中、あの「こんちょく」が再オープンしています。(2013年8月23日撮影)

こんちょくの直売用ホタテ
「こんちょく」とは、ホタテ、ホヤ、ワカメなどを直売する「こんの直売センター」の愛称。陸前高田の友人に教えられ、震災前から愛用していました。ホタテの直売、復活!(2013年8月23日撮影)

こんちょくの磯ラーメン
新鮮なプリプリのホタテを使った磯ラーメンも、併設の食堂にて復活。海鮮ダシのきいたあっさり塩味。となりのホタテ丼も最高です。ぜひ、わざわざでも食べに来てください。(2013年8月23日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫