三貫島カヤック(その2)

 2013-10-12
今回は、過去の三貫島カヤック・ツアーの紹介です。海鳥の活動が盛んな2006年夏のことです。

三貫島を漕ぐ
鋭角に突き出す三貫島周辺の荒磯を、ひとつひとつかわして漕ぎ進みます。海鳥の繁殖期にあたり、ヒトの来ないはずの隔絶の島に現れた「珍客」に、警戒音を発してきます。(2006年8月14日撮影)

三貫島のヒメクロウミツバメ
三貫島の周辺と、その他日本の隔絶した沿岸でしか見られないヒメクロウミツバメの乱舞。絶滅危惧種のひとつです。ピーヒュルルルルルーという警戒音で鳴いています。(2006年8月14日撮影)

三貫島のウミウ
いっぽう、磯の岩場ではウミウたちが休んでいました。こうして羽を広げたまま動かず、じっとしている個体もよく見かけますが、これは濡れた羽を乾かしているそうです。(2006年8月14日撮影)

三貫島遠望
三貫島の全貌です。一見、平坦な島で穏やかそうな海ですが、実際には漁師も近寄ることを恐れる危険な水域です。カヤックで周回できるのも、わずかのタイミングです。(2006年8月14日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :カヤック トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫