小豆島の旅(その3)

 2013-12-11
標高800メートル級の寒霞渓の連山から、小豆島の海岸に降りてくると、そこは光に満ちた海。

小豆島の海辺のオリーブ
複雑に入りくんだ南部の竹生地区の海岸には、それほど高くはない木々が植樹されていました。シルエットが美しいのですが、さていったい何の木だかおわかりでしょうか?(2013年11月23日撮影)

小豆島のオリーブの実
小豆島といえば、これです!オリーブの実。日本の地中海、エーゲ海などと称されることもある瀬戸内海の東部。温暖な小豆島ではオリーブを用いた特産品が多いのです。(2013年11月23日撮影)

小豆島戸形岬の浜
小豆島西端の戸形岬です。岩手三陸の海岸は断崖絶壁が多く、砂浜が少ないので、たまにこういう風景を見ると新鮮に感じます。沖行く船に自分もこれから乗るのです。(2013年11月23日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :中国・四国の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫