七ツ森の朝

 2013-12-19
12月に入り、ひと雪ふた雪と重ねるごとに、岩手の山々は白い景色が際立ってくるようになりました。

御所湖と七ツ森
盛岡西郊、御所湖の朝。湖畔の宿から外を眺めます。雑木林と小山にはさまれ、水面がほの光る様子です。おわんを伏せたような山々は、宮沢賢治も愛した七ツ森です。(2013年12月2日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫