鳥の楽園

 2013-12-25
初冬の朝、バード・サンクチュアリーで知られる宮城県の伊豆沼です。ひと月ぶりの再訪です。

伊豆沼(1)
冬至をひかえ、南よりの地平線から顔を出した太陽が、淡き光をはなちます。鳥の飛来を待つ足元は底冷えですが、それでも、日が射すと、心なしか温まるような気がします。(2013年12月7日撮影)

伊豆沼(2)
3羽の白鳥が等間隔で移動します。車間距離ならぬ、鳥間距離がピッタリ!無数の鳥が安らいでいますが、ある時間に一斉に飛び立ちます。その瞬間を狙うのですが・・・。(2013年12月7日撮影)

伊豆沼(3)
シャッターチャンスを狙う人垣です。この後ろには車の縦列駐車があって、宮城県はもとより首都圏ナンバーが勢ぞろい。みなさん夜中に高速を飛ばしてやって来るそうです。(2013年12月7日撮影)

伊豆沼(4)
いよいよテイクオフ!何群かにわかれて鳥たちが次々と飛び立ちました。画面にどう入ってくれるか読めないので、反射神経をとがらせてカメラを構えるしかありません。(2013年12月7日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫