海辺のつらら

 2014-01-16
まもなく、1年でもっとも寒いとされる大寒がやってきます。岩手県の三陸沿岸も氷点下の毎日です。

漉磯海岸のつらら
山田町船越半島の漉磯(すくいそ)では、断崖からにじみ出る水が岩を伝ってしたたり落ち、浜砂利のそばでつららとなりました。寒流の流れる三陸は、海辺でも寒いのです。(2014年1月5日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫