越中三景

 2014-05-06
富山県の砺波平野は、チューリップの栽培がさかんです。ゴールデン・ウィーク前が見ごろです。

砺波市内のチューリップ畑
球根を育てるのがメインなので、うっかりしていると、早々に花を切り取られてしまいます。背後の樹木が、地元でカイニョ(屋敷林)とよばれる散居村で、砺波の特色です。(2014年4月27日撮影)

砺波市内の散居村
そのカイニョを展望する高台があります。砺波市郊外の夢の平スキー場です。しかし、散居村景観までの距離が遠く、望遠レンズでなければ絵になりにくいのが残念なところ。(2014年4月27日撮影)

砺波市内のカイニョと朝日
カイニョに朝日が昇ります。ちょうど水田に水も引かれ、一年でもっともみずみずしい季節です。わが岩手の胆沢平野のエグネ集落も、そろそろ田起こしの季節でしょう。(2014年4月27日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :北陸の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫