深谷を訪ねて

 2014-05-29
一見すると、東京駅のようですが、じつは違います。埼玉県のJR深谷(ふかや)駅の駅舎です。

JR深谷駅
深谷産のレンガが東京駅に使われたので、どうりで駅舎が似ているわけです。中央部の縦型の駅名表示が、深谷のカラーともいえるライト・グリーンですが、この色は・・・。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎのネギボウズ
深谷といえば、深谷ねぎ。関東で食される代表的な根深ねぎです。霜のあたる冬が旬ですから、春先にはこのようにネギボウズとなってしまい、商品価値はなくなるそうです。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎの収穫風景
こうなると、ネギが固くなってしまいます。収穫作業をしていた農家の方と話がはずみ、売ってもらえるか尋ねたら、売り物にならないから、好きなだけ持っていきなさいとのこと。(2014年5月24日撮影)

深谷ねぎの若苗
今は端境期で、若苗を植えるそうです。お言葉に甘え、大きなビニール袋に一杯分頂きました。その甘かったこと!「冬に来たら、うまいのあるぞー。」と。再訪を約束します。(2014年5月24日撮影)

豪雪で倒れたビニールハウス
深谷を含め、関東内陸部は今冬の豪雪で被害を受けました。深谷市内で70㎝を超える積雪で、おしつぶされたビニールハウスがそこかしこに!再興を応援したいですね。(2014年5月24日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫