八幡平で初滑り(その2)

 2012-11-30
午前中はうす雲が広がっていましたが、昼ごろ紺碧の空が現れ、霧氷を引き立ててくれました。

前山の霧氷
霧氷が映えるのは、天候回復直後です。もう少したてば、日射で温められ、瞬く間に落ちてしまいます。スキーにやってきたのに、撮影タイムになってしまいました。(2012年11月25日撮影)

霧氷と岩手山
雲に隠れていた岩手山も、冬の装いを見せ始めます。いちめんの霧氷原のかなたに堂々と、「俺はここにいるんだぞ!」といわんばかりの存在感です。(2012年11月25日撮影)

夜沼周辺の森
午後の半逆光を受けて、アオモリトドマツの陰影が美しい。ゲレンデ・スキーもいいですが、静かな森の中で自然と同化する山スキーこそ、遊びの王道です。(2012年11月25日撮影)

前山からの滑り
前山山頂からの滑降です。滑る瞬間は、すっかりカメラのことを忘れて斜面に飛び込み、滑る様子を撮影しておけばよかったと後悔してもあとのまつり!(2012年11月25日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫