雪をまとう南部片富士

 2012-12-18
岩手県の最高峰が岩手山(2038m)です。南部片富士という異名を持つ理由は・・・。

滝沢村上空から裏岩手連峰
右側の裾野は均整がとれて富士山のようですが、左側は鋭い尾根と深い谷で、まったく様相が違うからです。火口も、焼走りも、鬼又沢も、裏岩手連峰もよく見えますね。(2012年12月3日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫