秋いろ3種

 2015-08-30
秋は山からやってきます。標高1627mの栗駒山は、宮城・岩手・秋田の3県にまたがる名山です。

栗駒山のリンドウ
いつもは岩手県側の須川温泉から登りますが、今回は宮城県のいわかがみ平から山頂をめざし、東栗駒山へと周回します。登山道沿いに目立つのは、リンドウの紫です。(2015年8月25日撮影)

栗駒山のオオカメノキ
そして、オオカメノキの赤い実。見飽きない形の葉っぱの緑が、対照的に映えています。気が早いですが、まるでクリスマスのころのポインセチアを思わせる配色です。(2015年8月25日撮影)

栗駒山の黄葉
いえいえ、気が早いのはミネザクラでしょうか。他の樹種がまだ夏の濃緑を楽しんでいるというのに、もう黄色に色づいていました。しかし、秋は駆け足でやってくるのです。(2015年8月25日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :東北の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫