雪のごとし

 2015-09-15
山では秋、里では夏。そんな岩手で、冬のような風景が広がっています。紫波町のそば畑です。

紫波町のそば畑
白居易が「そばの花雪のごとし」と記したように、古くから文人に、食べるよりも見る対象としてとらえられてきたそば。エグネの屋敷林の右奥には、遠く姫神山が見えます。(2015年9月9日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫