被災地を漕ぐ

 2015-10-29
大震災から4年半。復興の槌音が岩手の海に響きます。カヤックに乗り、海から陸を見つめます。

両石湾カヤック(1)
岩手県のリアス海岸のひとつ、両石湾です。北西の季節風の吹き荒れるなか、リアス地形の特色で深い内湾だからこそ、漕ぐことができました。リアスの海に感謝です。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(2)
海辺の広葉樹の紅葉も、三陸の魅力のひとつです。この日は、はるばる関西から大学の教え子が2人、訪ねてきてくれました。紅葉をバックに山ちゃんを撮影しました。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(3)
いっぽう、萬ちゃんはオールさばきに苦労していましたが、後半メキメキと上達、厳しい向かい風に最後は打ち勝ちました。断崖のそばを漕ぐのも三陸の魅力のひとつです。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(4)
カヤックが近づくと逃げる鳥も多いなか、小さなカモが我々のそばから離れませんでした。傷ついたのでしょうか、それとも我々に何かを伝えようとしていたのでしょうか。(2015年10月26日撮影)

両石湾カヤック(5)
新しい防潮堤です。傾斜はつけてあるものの、その巨大さに違和感はぬぐえません。いま、三陸沿岸各地で、巨大防潮堤が建設中です。ますます、海が遠くなっていきます。(2015年10月26日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :カヤック トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫