解体はじまる

 2015-11-12
夕焼け色の古川沼と背後の気仙川。そこに渡されていたのは橋ではなく、ベルトコンベアーでした。

陸前高田のベルトコンベアー
東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市内のかさ上げに使う土砂を、山から運び続けた巨大装置も役目を終え、解体が始まりました。町はどう変わるのでしょうか。(2015年10月17日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫