北帰行を前に

 2016-02-26
暖冬の岩手では、いつもより早く、あちらこちらでハクチョウが編隊飛行訓練を行っております。

三郎堤のハクチョウ
もっとゆっくりしたかったかもしれませんが、南風をとらえてシベリアへ帰らねばなりません。冬が短いと、彼らの生活も慌ただしいのです。花巻市の三郎堤からの飛翔でした。(2016年2月18日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫