5年目の被災地沿岸(11)

 2016-03-21
違う方向にカメラを向けると、まだ何も建っていない土地に整然と並べられた電線が目立ちます。

大槌町の電設
電線というものは、およそ風景写真を撮影する者にとっては邪魔でしかありません。でも、こういう状況で見ると、ここに人の営みが再開されるのだという確信が得られます。(2016年3月10日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :震災関連記事 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫