熊本城の石垣

 2016-04-20
熊本とその隣県が、地震の被害を受けました。被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます。

熊本城と石垣(1)
熊本のシンボル、熊本城も大きな被害を受けました。宇土(うと)櫓と、奥に大天守(右)と小天守が並んでいます。加藤清正公による名城ですが、お城もさることながら・・・。(2014年6月14日撮影)

熊本城と石垣(2)
それを支える石垣が、まことに見事なのです。2枚の写真からもわかるとおり、ふつうのお城よりも石垣に高さがあります。それでいて、周囲の緑にうまくマッチしています。(2014年6月14日撮影)

熊本城と石垣(3)
石の色がさまざまです。年代によって、増し積みされたようですね。武者返しといって、上部へ行くほどだんだん傾斜がきつくなって、それが独特の曲線美を見せています。(2014年6月14日撮影)

熊本城と石垣(4)
2年前に訪れたのですが、いつまでも見飽きない石垣でした、。設計図などなかった時代に、石の自然な形を考え、上手に組んだ当時の名工の技術に思いを馳せました。(2014年6月14日撮影)

熊本城と石垣(5)
その石垣が各所で崩壊してしまいました。熊本城は、ジョギングや犬の散歩で市民の憩いの場。熊本とその隣県が平常に戻れるよう、早期の復興を祈りたいと思います。(2014年6月14日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :九州・沖縄の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫