東北農研の菜の花

 2016-05-17
ある方から大変有難い情報を頂いて、岩手県は盛岡市北郊に広がる菜の花畠を訪ねてきました。

菜の花と岩手山(東北農研)
広大な敷地を有する東北農業研究センターの圃場です。この時期の土日限定で、一般公開されるそうです。岩手山をバックに、まぶしいほどの幸せいろに包まれました。(2016年5月15日撮影)

麦畠(東北農研)
「菜黄麦青(緑)」という言葉があるそうです。麦が青々と茂るころ、菜の花が咲き乱れるとは、美しい成句。研究機関だけあって、麦の品種説明等があり、勉強になります。(2016年5月15日撮影)

木立(東北農研)
かつてこの近くに住んでいたことがありますが、うかつにもこの場所の存在は知りませんでした。岩手県央から北部にかけて、まるで北海道のような広大な風景が楽しめます。(2016年5月15日撮影)

菜の花とアカマツ林(東北農研)
しかし、何と言っても、岩手の風景を特徴づけるのはナンブアカマツの林でしょう。東北農研の敷地には、賢治の「野原ノ松ノ林」を彷彿とさせる松並木が続いているのです。(2016年5月15日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫