春は足もとから

 2017-04-04
岩手の上空は冷たい風が吹いていても、雪が解けた足もとは、春の太陽に温められてゆきます。

東和町安俵の福寿草
スノー・ホワイトが消えて、一抹の寂しさが漂う地面。茶がれた土色に緑はいまだ萌えず、雪で押しつぶされた雑草が身を起こすまでのあいだ、福寿草の黄色に心躍ります。(2017年3月20日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫