信越の双耳峰

 2017-11-10
秋の深まるしぐれの頃、雨の多い信越国境の山々。雨飾山はまさにその名前の通りなのです。

荒菅沢から雨飾山
あまかざり、という美しい名の響きに心寄せたのは、深田久弥さん。彼は二度も雨にたたられ三度目に登頂に成功しました。快晴の荒菅沢から雨飾山の岩稜を眺めました。(2017年10月28日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫