冬来たりなば・・・

 2013-02-20
立春を過ぎ、ほんのちょっぴり春めいた光に出会いました。岩手山へと続く滝沢村柳沢の道路です。

柳沢の道路
冬の乾いた雪は、広葉樹が差しのべた枝をすり抜けますが、春の湿った雪は黒い樹肌にふんわりと乗ります。やがて、風が吹けば、ハラハラと煙をあげて落ちてゆくのですが。(2013年2月17日撮影)

松尾寄木の冬景
北緯40度の旧松尾村(現在の八幡平市)寄木の風景です。冬至の頃のたよりなき淡き光が、少し力を得てきたように感じます。それでも気温は低く、日中でも氷点下です。(2013年2月17日撮影)

松尾寄木の電信柱点検
静寂の中、なにやら音が聞こえてきました、ふり向くと、作業員の方がザイルを結んでスルスルと電信柱に登っています。1本1本、柱ごとの作業なのです。お疲れ様です。(2013年2月17日撮影)

スポンサーサイト
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫