トンネルを抜けると・・・

 2013-02-28
上越国境をまたいで、川端康成の名作『雪国』と逆方向の旅です。各地の積雪量の差に驚きです。

信濃川河口の雪
新潟市内の信濃川河口です。通常は、海岸沿いは雪が舞う程度で積雪はないのですが、この日はあまりにも低温のため、砂浜には波打ち際まで積雪がありました。(2013年2月21日撮影)

新潟ー燕三条間
上越新幹線に乗って、新潟駅から上毛高原駅へ向かいます。新潟ー燕三条間は広大な越後平野の田んぼにうっすらと雪が乗る程度。遠くに霊峰、弥彦山が見えます。(2013年2月21日撮影)

燕三条ー長岡間
燕三条ー長岡間です。新幹線のような高速列車で移動すると、一気に積雪が増してくるように見えます。米どころの田園地帯も、今は静寂の白一色の世界となっています。(2013年2月21日撮影)

長岡ー浦佐間
長岡ー浦佐間です。降りしきる雪の合間から見える白い塊。目をこらすと、なんと雪に埋まった車でした。さすがに、道路上だけは融雪水のおかげでアスファルトが出ています。(2013年2月21日撮影)

浦佐ー越後湯沢間
浦佐ー越後湯沢間です。並走する鉄道の架線が半分まで雪に埋もれています。この路線、運休中でしょうか?「一里一尺」の俚諺どおり、山へ向かうにつれ雪が深まります。(2013年2月21日撮影)

越後湯沢駅構内
越後湯沢駅に到着。名作『雪国』の舞台です。構内では融雪水が放水銃でまき散らされていました。このあと上越国境の長い大清水トンネル(全長22221m)に入ります。(2013年2月21日撮影)

上毛高原駅前
トンネルを抜けると、群馬県の上毛高原駅に到着。雪がほとんどありません。日本海の雪雲は、谷川岳周辺の高山にあたって落ちて、太平洋側はカラカラの空っ風なのです。(2013年2月21日撮影)
スポンサーサイト
カテゴリ :関東・甲信越の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫