富士、はるかに

 2018-01-29
西伊豆は海越しに富士山が見える絶景の海岸線です。ただし、遠いので富士は小さくなります。

伊豆西浦の漁船と富士
長玉のレンズで撮ることもできますが、それでは平凡な富士山だけの写真になってしまい、わざわざ海まで来た意味がありません。そこで、富士には脇役になってもらいます。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

千本松原

 2018-01-25
沼津市の香貫山は四方に視界が開けています。富士はもちろん、駿河湾の海岸線もご覧のとおり。

香貫山展望台から沼津市街と千本松原
弓なりに美しい海岸を彩るのが、千本松原です。若山牧水が必死に保全を訴え、今こうして残されています。でも、近い将来に懸念されているのが東南海地震の津波です。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冬晴れの富士

 2018-01-21
数年に一度の大寒波が何度も日本列島を襲いますが、そんな時、太平洋側は最高の天気です。

香貫山展望台から富士山
静岡県沼津市の香貫(かぬき)山。山頂近くまで車で上がれ、少しだけ歩くと、高台からあっぱれな富士が。前山の愛鷹(あしたか)山が裾野を隠すのが、心憎い演出です。(2018年1月13日撮影)
カテゴリ :東海の旅 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

真白き早池峰

 2018-01-17
『平家物語』の一節に、「北に遠ざかりて、雪白き山あり」として、甲斐の白峰を描く場面があります。

東和町安俵から早池峰
これを岩手になぞらえると、そのイメージにぴったりの山は、岩手山ではなく、早池峰ということになりましょう。前山の青々、黒々とした山の背後に、ひときわ光る白い山あり。(2017年1月7日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

地図どおりの地形

 2018-01-13
仙台発神戸行きの飛行機は、関東地方の地形をつぶさに見せてくれます。特に冬晴れの日には。

栃木県上空から犬吠埼
栃木県上空からは、房総半島犬吠埼の尖った地形が美しい弧を描いています。半逆光のおかげで、利根川と霞ヶ浦、そして手前に涸沼と那珂川のシルエットが目立ちます。(2017年12月12日撮影)
カテゴリ :飛行機と航空写真 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫