水のゆらぎ

 2017-09-27
初秋の尾瀬は、まだまだモノトーンの世界。しかも、曇り空とあっては、被写体に事欠くのです。

尾瀬沼畔の水草
でも、一見、何気ない尾瀬沼の水面を見つめていると、水草のまわりにさざ波がゆらめいています。太陽の光がつくるのが光景ならば、風のつくりだすのが風景なのです。(2017年9月16日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

季節は秋、そして・・・

 2017-09-23
尾瀬といえば、広大な湿原、とりわけ木道が6キロ以上も続く尾瀬ヶ原を思い浮かべるのですが・・・

尾瀬沼畔 長蔵小屋前のオリオン座
尾瀬ヶ原と少し嶮しい道とで隔てられた尾瀬沼は、ひっそり静まりかえっています。沼の畔に建つ長蔵小屋は、秋の静寂に包まれて、未明にはオリオン座も現れました。(2017年9月16日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本一の湖

 2017-09-19
最大水深423メートルと、日本一の深さを誇る田沢湖。エメラルドのような神秘の色が特色です。

秋田駒ヶ岳から田沢湖
湖岸一周道路はありますが、道路沿いからだと平面的な写真になるので、対岸から秋田駒ヶ岳を入れて立体的に撮るか、このように駒ヶ岳から俯瞰するのが良いのです。(2017年9月5日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

尖峰の岩手山

 2017-09-15
南部片富士の異名をもつ岩手山。どこから見ても、片方だけ富士山のような形で有名ですが・・・

秋田駒ヶ岳8合目から岩手山
秋田駒ヶ岳付近からは、珍しく金字塔的な尖峰に見えます。じつは、彼方に見える岩手山からは、裏岩手連峰を経て、この秋田駒ヶ岳まで、長大な縦走が可能なのです。(2017年9月5日撮影)
カテゴリ :登山とスキー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

天高く

 2017-09-11
岩手では、8月のぐずついた天候が、9月に入ってから回復しました。青空が戻ってきたのです。

紫波町の田園
紫波町の田んぼでは、生育の遅れていた稲がやっと色づき始めました。質と収量は例年より落ちる見込みですが、凶作は免れそうです。遠くに姫神山の尖峰が見えます。(2017年9月4日撮影)
カテゴリ :岩手の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫